伊牟ちゃんの筆箱

 詩 小説 推理 SF

「海と空が描く三角」の連載を始めました。
カテゴリーから「海と空が描く三角」をクリックすると目次が表示されます。

  - 3 -

 夕食を済ませ、それぞれの部屋でシャワーを済ませた後、また、隼人の部屋に集まった。大地は、もちろん手ぶらだったが、宙美は、教科書やらノートやらパソコンやら、色々持って来た。
「宿題は、私がやってあげるから、あなたたちは、犯人の捜査をやってて。でも、何か進展があったら、ちゃんと教えてよ」
 彼女は、テーブルに持ってきたものを広げ、こつこつと宿題を片付け始めた。
 彼女の成績が良いのは、この真面目さなんだろう。隼人は、宿題は滅多にしていかない。宿題をしない割には成績は悪くないが、良いとは到底言えない。それが、ここに来てからは、大地や宙美に影響されて、宿題をしていくようになった。まだ、その成果は出ていないが、せめて、大地や宙美に恥ずかしくない成績にしたいと思っている。
「さてと。スペースプレーンなんだけど、一機は動きを掴めた」
「本当か?」
「……と思うんだ。飛鳥に七月末に飛来し、二日後に地上に戻ってるんだけど、真っ直ぐ管制センターに向かってるんだ。メンテンス期間も考えて、墜落事故まで管制センターにあった事は、間違い無いと思うんだ」
「確実だね。飛鳥の出入りは、それだけだよね。じゃあ、残るは、地上での移動だね。マザーベッドは超大型機だから、入れる空港は限られるから、空港は絞り易いよ。対象は、嘉手納宇宙空港か、長崎空港か、新東京空港か、新千歳空港だ。でも、長崎と新千歳は緊急着陸指定空港で、通常は、ここに降りる事はないし、ちゃんとしたメンテンスもできない筈だ。新東京も定期便は少ないから、余分な機体があったとは思えないし、やっぱり、嘉手納から来たと考えるのが妥当だね」
 スペースプレーンは、地球の自転を利用して宇宙に出る方が楽なので、自転の周速度が最大になる赤道に近い所で、切り離される。だから、日本から宇宙に行く場合、大部分が嘉手納宇宙空港からの便となる。新東京もあるにはあるが、運賃が、嘉手納経由の三倍近い。嘉手納から飛鳥までの運賃でも、日本人の平均年収の二割前後と高額なので、新東京からは平均年収の半分以上にもなってしまう。自ずから利用者は、高収入の人物に限られ、当然、便数も少ないのである。
「そうなんだけど、嘉手納は、小惑星の墜落地点に近かったから、地震と津波と衝撃波で、完全にやられてるんだ。どこかに、データがバックアップされていると思うけど、探すだけで大変だし、閲覧できるかどうかも怪しいんだ」
「うだうだ言ってないで、調べてみようよ。やってみない事には、始まらないよ」
 二人は、ネットワーク検索ツールを駆使し、条件を組み替えながら、探し回った。
「思ったより、手強いぞ」と大地。
「思った通り、手強いぞ」と隼人。
 大地は、隼人の顔をちょっと睨んだ。そして、隼人の頭を手でくしゃくしゃにした後、声を上げて笑った。隼人も吊られて笑い出した。
「うん、もう! 煩くて宿題ができないわ!」
 ペンをテーブルに叩き付けて、宙美が二人を睨んだ。
「静かにしないと、あなたたちに見せてあげないから」
 隼人と大地は、顔を見合わせ、声を潜めて笑った。
「うん? 大地君、これを見て」
 大地は、パソコンの画面を覗き込み、力強く頷いた。
「間違い無さそうだ。残る三機は、ここでメンテナンスを済ませて、管制センターに回航したんだ」
「うん」
 嘉手納宇宙空港のバックアップは、意外にも飛鳥にあった。他の情報と同様、飛鳥のガードは厳しくなかった。御陰で、スペースプレーンの動きは、手に取るように分かった。
 そこには、メンテナンスを完了した三機のスペースプレーンが、小惑星墜落の一週間前に、マザーベッドに搭載されて飛び立っていた。
「でも、問題は、何も解決しなかったね」
「どうしようか。手詰まりの感じだね」
 隼人も、知らず知らずの内に、大地を頼っていた。その大地も、今回はお手上げのようだ。
「誰の指示でスペースプレーンを動かしたか、調べようが無さそうだね」
 二人は、溜息を吐いた。
「宙美。ちょっと来てくれ」
 宙美は、パソコンを閉じ、二人の脇に立った。
「証拠を掴む事は、僕達ではできそうにないところまで来た。それで、これからどうするか、話し合いたい」
「選択肢は?」
「一つは、これまでの調査結果を警察に伝えて、捜査の参考にしてもらう。二つ目は、仁科のおじさんに直接会って、自首を勧める。三つ目は、実りは少ないけど、このまま調査を続ける。
 だけど、それぞれに問題がある。警察の件は、僕達の調査結果は、参考にしてもらえるかもしれないけど、状況証拠しかないから、無視される可能性の方が高い。自首の件も、これほどの大罪だから、簡単に認めるとは思えない。第一、仁科のおじさんが犯人かどうかも分からない。かと言って、これ以上、調査を続けても、成果が出る可能性は低い」
「どれも、一長一短だね」
 隼人も、嘆息をついた。
「そうね。宿題を見せてあげられる程の案は無いわね」
 宙美の毒舌は、段々厳しくなってきているような気がする。彼女に掛かっては、大地も形無しである。
「みんなの意見を、それぞれ出し合おう。まず、隼人君」
 いきなりの先頭バッターだったが、隼人は考えが固まっていた。
「僕は、警察に預けるべきだと思う。僕達が行き詰まったのは、どれも捜査権が無いからだったよね。でも、警察なら、その辺りの捜査ができるから、証拠が出てくると思うんだ。それに、これ以上は、調べても仕方が無いと思うんだ。それと、仁科という人がどんな人かしらないけれど、本当に犯人なら、刺激する事は危険すぎるよ。だから」
 大地は、頷いた。視線を隣の宙美に移した。
「次は、宙美だ」
「私は……。もう少し調べてみて、それでも駄目だったら、仁科のおじさんに聞いてみたいの。もし、私達の推理が間違っていれば、その方がいいわけだし……」
 彼女は、考えがまとまらないようだった。ただ、三人の捜査線上に浮かび上がってきた仁科については、拘りたいようだった。
「最後は、僕だ。僕は、仁科のおじさんに会って、話をしたい。状況証拠は、ある程度揃っているけど、どうにもしっくり来ないのも確かだからね。もし、本当におじさんが犯人なら、自首を勧めたい。隼人君は、情報を警察に渡したいらしいけど、たぶん、無視されると思うんだ。なぜかというと、状況証拠しかない事もそうだけど、父は自供してるから、裏付け捜査に全力をあげていて、他の犯人を捜査する余裕はない筈さ」
 犯人逮捕の後に裏付け捜査があるとは、隼人は考えていなかった。
「意外だと思うかもしれないけど、裏付け捜査は、警察の捜査の半分以上を占めると言われてるんだ。裁判で、公判を維持するためには、隙の無い証拠固めが必要なんだ。犯人を逮捕するのより、逮捕してからの方が大変だと言ってる警察官も居るくらいだ。殺人罪の裁判で提出される証拠資料は、紙にしたら厚さはメートルオーダーになるくらいだ。もちろん、一人の人間の基本的人権を完全に奪うんだから、それくらいはしないとね」
 大地は、警察に渡す事には反対のようだ。信頼していない訳ではなさそうだが、仁科という人の事が気になっているのか、今は、自分達だけで解決したいらしい。
「わかったよ。二人が、仁科さんに直接会いたいのなら、僕も従うよ」
「よし! これで決まりだ。残る問題は、二つだ。一つは、仁科のおじさんを、どんな風に聞き出し、どんな風に自首に持ち込むかだ。もう一つは、共犯者だ。おじさんに動機が見付からない今、共犯者がいる可能性が高い。共犯者は、危険な存在だ。僕達が、事件の真相に近付いていると知れば、おじさんや僕達に危害を及ぼそうとするかもしれない。だから、この点は、検討しておく必要がある」
「共犯者が居るとしてもよ、仁科のおじさんが共犯者に従うとしたら、凄い弱みを持っている訳でしょう。それって、動機にもなるんじゃない。動機を調べてみない?」
「それと、共犯が気になるんだ。共犯が居るとして、それは一人とは限らないだろう。その辺りも、ちゃんと調べておくべきだよ」
「でもさ、共犯が居るとして、仁科のおじさんに弱みがあるかな。一般に、脅迫されて共犯関係になる場合、罪の意識が弱いとは言うけど、犯罪の規模が規模だけに、ありきたりの弱みじゃなくて、命より大事と言ってもいいくらいのものだよ。そんな弱みを、おじさんが持っていたとは思えないだ」
「ただね、弱みは、誰も知らない、共犯者と仁科さんだけが知っている事なんだよ。だから、安易に判断しない方がいいんじゃないかな」
「隼人君の言う事も分かる。でも、僕としては、仁科のおじさんにチャンスを与えたいんだ。それに、信じたいんだ。明日一日、考えて、それで行動に移そうと思うんだ」
「それで、いいよ。僕は、もう少し、調べられないか、やってみるよ」
「じゃあ、明日ね。大地君、早まった事はしないでよ」
「分かってるって」
 三人は、宙美の宿題を写し合った後、それぞれの部屋で床に就いた。

       < 次章へ >              < 目次へ >

  - 2 -

 大地がスクリーンの覗き込んだ。
「僕の名前が先頭か。悪くないな」
 大地は、嘯いた。
「読み上げてみよう。
 梅原大地、十五歳。梅原翔貴。計算機管理センター長。続柄、長男」
「意外に、細かく分かったんだね」
「まあね。僕のIDは、宇宙移民事業団に登録されているから、ある程度は見る事ができるんだ。余り使いたくなかったけど、不正使用じゃないから、いいかなって思って」
「私が許す。本日に限り、征矢野隼人に、閲覧を許可する」
 宙美が、気張った声で宣言した。
「はっはぁ。有り難き幸せ」
 隼人も、声だけは、時代がかった言い方をしたが、顔も手も、パソコンから離れなかった。それが気に入らないのか、「全然、有り難そうじゃないわ」と、宙美は、また膨れっ面をして見せた。
「次からが問題だな。
 佐古俊行、二十三歳。佐古淳也。探査部小惑星担当。続柄、長男。
 佐古雪絵、二十二歳。続柄、長女。
 佐古芙美子、五十一歳。続柄、妻。
 安川有紀、七十三歳。吉田加奈。気密設計部シール設計担当。続柄、母。
 星三広、三十六歳。星啓二。都市計画部区画設計担当。続柄、妻。
 星啓一郎、九歳。続柄、長男。
 星綾乃、五歳。続柄、長女。
 加藤千鶴、三十七才。加藤俊介。都市計画部区画設計担当。続柄、妻。
 加藤大航、一歳。長男」
「ちょっと待って。これ、まだまだ続くじゃない。何人居るの?」
「延べで三百人くらいかな。実質は、その半分くらいだと思うけど」
「こんなのを読み上げても、仕方ないと思わない?」
「まあ、そうだね」
「隼人君。もうちょっと絞ろうよ。伯父様から情報を得て、しかも、軌道修正プログラムに手を入れられるんだから、凄く限られると思うの」
「反対に、もっと広げようと思うんだけど。今の検索結果は、現在の親族だけを対象にしてるけど、離婚している場合もあるし、せめて、親子関係だけでも調べきりたいと思うんだ。それに、情報はおじさんと同じ部署か、関係がある部署の人しか得られないとしても、軌道修正プログラム自体は、他からでも書き換えられるからね」
「隼人君の意見に半分賛成だけど、宙美の意見にも半分賛成だ。僕も、離婚してる場合も考えて検索する事にしたいね。でも、対象部署は、軌道計算部か、計算機センターに限定できると思うな。だって、隼人君でも、軌道計算にはてこずっただろう。外部の人間には、到底無理な事だよ」
 大地らしい、もっともな意見だ。
「大地君の言う通りだと思うよ。早速、親子関係の検索方法を考えてみるよ」
「流石、大地君ね」
 宙美は、大地に寄り添い、隼人にはアカンベェをした。
 最近の宙美は、やたらと隼人にちょっかいを出す。一々、癇に障るが、その分、宙美の事が気に掛かる。でも、今は、そんな事を気にしている暇はない。
 親子関係を検索するとは言っても、調べるのが難しい。家族ではないから、政府の職員データベースにも、そんなデータはない。それなら、どこからデータを得れば良いか。
「大地君には悪いけど、私ね、離婚した人まで、調べる必要は無いと思ってるの。だって、離婚してるのに、その人に移住しろとは言えないでしょう」
 隼人は、ポンと手を打った。
「そうだよ。精々、見学においでとしか、言えない筈だよ。だから、離婚した人の分は、事故当時に、ここか軌道ステーションかで足止めを食らった人の中から探せばいいんだ。ただ、親子関係の確認方法が面倒だけど」
「もう一つ、問題があんるだよ。家族が、最初からこっちに居た場合、この検索に引っ掛からないよ」
 この言葉は、厭な予感を感じさせた。
 見付からないかもしれない。
 でも、案ずるより生むが安し。親子関係も、学校の編入学の情報を取り込む事に成功し、何とかなった。その結果、大地が指示した検索条件で、該当する人物が浮き彫りになってきた。
「これだね。おじさんと同じ職場だし、事故の三日前に飛鳥経由でここに来ている。間違い無さそうだ」
「田端雄一、十三歳。仁科稔。計算機管理センター次長。続柄、子」
 大地は、声を出して読み上げた。大地は、悲痛な顔をしていた。
「大地君。知ってる人なんだろう?」
 大地は、隼人の質問を無視した。無視したが、それが答にもなっていた。
 意外な人物だった。少なくとも、大地にとっては。
「状況証拠の一つが、出てきただけだ」
 大地は、容疑者として浮かび上がってきた仁科を庇うような口振りだった。
「この田端雄一君も、大地君は会った事があるんじゃないかい?」
 言ってしまってから、自分の言葉を口に戻したいと思った。大地は、悲しそうな目で、隼人を見た。会った事があると言うより、親しい間柄なのかもしれない。大地の目には、そんな悲痛な心根が滲んでいた。
「大地君。しっかりしなさい」
 宙美の声が、大地を叱り付けた。
「仁科さんには、自首のチャンスを与えればいいのよ。この田端雄一君のために、伯父様を犠牲にする事はできないのよ」
 どうやら、宙美も面識があるらしい。
「そうだね。それに、僕達なら、その子を守ってあげられるんじゃないかな」
 そうは言ったが、大地の気持ちを慮った。辛い事が、常に彼の周りで起き続けていた。
(大地は、小惑星墜落事件の最大の被害者ではないだろうか)
 隼人は、そう思えてならないのだった。
 最初は、宙美に加えて、隼人を迎え入れ、隼人の父の送検に伴う嫌がらせに巻き込まれ、暴行事件にまで発展してしまった。更に、父が小惑星を墜落させたとして自首し、加害者の家族としての重荷を背負った。その上、父の無実が晴れそうになった時、その代わりに、弟分のような後輩の父親を追求しなければならない状況に追い込まれた。
 この世に神が居るなら、何と意地の悪い奴なんだろう。
「もう一つ、調べる事がある」
 大地は、むきになり掛けていた。
「隼人君のお父さんが疑われ、隼人君自身が危険を招く切っ掛けになったスペースプレーンの件だ。通常は、管制センターには、スペースプレーンは一機もない。それが、当日はなぜか四機もあった。小惑星墜落が事故ではなく、犯罪とすると、スペースプレーンを用意した人物が、犯人だと言える。だから、仁科のおじさんを疑う前に、それを調べたいんだ」
 大地の言い方は、仁科が彼にとって近い存在だった事を連想させた。
「スペースプレーンは、どこの所属の機体だったか、覚えていないかい?」
 隼人は、即答できた。機体は、宇宙移民事業団所有のスペースプレーンだった。少なくとも、隼人が乗っていた機体は、間違いなく、宇宙移民事業団の所有だった。だが、それを言ったものかどうか、隼人は迷った。言ってしまえば、仁科の犯罪を強化する事にもなり兼ねない。
「スペースプレーンは、私達が乗った便とその前の便は、事業団の所有機よ」
 宙美は、さらりと言ってしまった。隼人は、大地の反応が気掛かりで、彼の顔を覗き込んだ。
「隼人君、やめなさい。今は、大地君を気にしてる場合じゃないわ。事件の真相を探る事が大事なの。全貌が見えたところで、どんな対策が取れるか、考え直せばいいのよ」
 言われる事は、確かにそうなのだが、どうしても感情が理解を拒んだ。
「それに、動機だ。仁科のおじさんが犯人だとして、動機は何か。それを、はっきりさせなきゃ駄目だ」
 大地は、仁科の無実を信じたいらしく、必要な状況証拠に動機を加えた。
「そうね。動機は必要ね。でも、動機なんて、いくらでも考えられるわ。例えば、伯父様の失脚を狙っていたとか」
「それはない。おとうさんは、小惑星の軌道に細工してるので、業務妨害で告訴できたんだ。小惑星を落とす必要なんか、どこにもなかった」
「そうとも言い切れないわ。大気圏を掠めただけなら、隼人君のお父さんが、伯父様を庇う可能性は高かったんだから、もっと重大な事が起きる必要があったとは言えないかしら」
「ちょっと、説明が苦しいように思うな」
「隼人君、どうしてそう思うの?」
「だってさ、小惑星墜落の細工がばれなきゃいいけど、もしばれたら、死刑か終身刑になっちゃうよ。おじさんの失脚で、仁科とか言う人がどれほど得するのか知らないけど、人生を棒に振るようなリスクを掛ける程の価値があるかな」
「確かにそうね。伯父様の失脚は動機にならないわね。それなら、本当の動機は何?」
 隼人は、黙ってスペースプレーンの手配を調べ始めた。直ぐには、宙美の質問に答えられそうになかったからだ。ただ、スペースプレーンの手配の状況を調べるのも、容易ではなかった。宇宙移民事業団のIDをかざしても、中々入れてもらえる所はなかった。
「合法的には、スペースプレーンの手配状況を調べる事は、無理かもしれない」
 隼人は、力無く答えた。
「何か、上手い方法は無いのかい?」
「色々試しているんだけど、全部、弾かれてしまうんだ」
 大地は、腕を組んだ。隣では、宙美がロダンの『考える人』を模している。考える事を放棄し、大地に任せているようだ。
 暫くして、大地は一つのアイデアを出した。
「軌道ステーション側から、探してみたら。あそこは、セキュリティの対象が凄く狭いから、スペースプレーンの発着から追えないかな?」
「やってみるよ。でも、期待はできないよ。普通、スペースプレーンは、地上で一週間のメンテンスと二日間の燃料補給をするから、軌道ステーションを出た日付で予想するのは、凄く難しいよ」
「だけど、スペースプレーンから追うしかないんだ。マザーベッドの機数は、スペースプレーンの四分の一しかない。スペースプレーンの燃料補給は、マザーベッドの背中に載せてからするけど、マザーベッドは、スペースプレーンを切り離したら、直ぐに次のスペースプレーンを載せて飛ぶから、マザーベッドとスペースプレーンは、対応が取れないだろ。だから、スペースプレーンから追うしかないんだ」
「二人とも、誰が手配したかより、まず、どこからスペースプレーンを集めたかを調べましょうよ。何事も、基本からよ」
「分かったよ。各空港の発着記録だけなら、オープンになっている所もある筈だ。探してみるよ」
「もう一つ、問題がある事を思い出したよ」
「何だよ。次から次に」
「スペースプレーンの燃料だよ。スペースプレーンは、燃料をどこで補給したのかな」
「どうして、それが問題なの?」
「管制センターで補給したとすると、四機もあるから、墜落事故の一週間くらい前から、補給を始めてた事になるんだ」
「そうね。隼人君のお父さんを陥れるためにスペースプレーンを派遣したんだったら、スペースプレーンは、小惑星の墜落が避けられないと思った頃に到着しないと、追い返されちゃうかもしれないもの」
「そうなんだ。逆に、管制センターで燃料を補給したとすると、誰かの強力な指示があった筈なんだ。どちらにしても、黒幕の尻尾を捕まえられるかもしれない」
 大地は、初めて「黒幕」という言葉を使った。有力な動機が見付からない事から、彼は仁科を操った人物の存在を、敏感に感じ取ったのかもしれない。
「二人とも、間違ってるよ。スペースプレーンは、管制センターで燃料を補給したんだ。マザーベッドは、燃料を満載したスペースプレーンを載せたままだと、着陸できないんだ。着陸装置が燃料の重みに耐えられないんだ。だから、万が一、スペースプレーンを切り離せなかった場合は、スペースプレーンも、マザーベッドも、燃料を海上投棄して帰還するんだ。管制センターにスペースプレーンが着いた時点では、燃料は積んでいなかったんだ」
「じゃあ、管制センターで、誰かが指示して燃料を積んだのね」
「そうさ。そして、あそこの責任者は、僕のお父さんだ。つまり、お父さんが指示を出した可能性が高いんだ。指示していないにしても、把握してた筈さ」
 隼人は、気持ちが沈んだ。
「また、問題が見付かった。共犯者の存在だ」
「まさか、隼人君のお父さんが共犯だなんて言わないわよね」
「言う訳ないだろう。動機が全く無いんだぜ。共犯は、もっと別の人間さ」
「誰なの?」
「燃料を積むように指示した人物」
「だから、それは誰なの?」
「……」
 大地は、首を振った。
 考えるのを諦め、隼人は、スペースプレーンの動きを追った。
 部屋をノックする音で、三人は、揃って振り返った。
「なんだ。あなたたち、ここに集まってたの。御飯よ。一緒に食べましょう」
 芙美子だった。主が居なくなったこの家を、彼女は健気に守っていた。
 三人は、顔を見合わせ、頷いた。

       < 次章へ >              < 目次へ >

↑このページのトップヘ