伊牟ちゃんの筆箱

 詩 小説 推理 SF

「海と空が描く三角」の連載を始めました。
カテゴリーから「海と空が描く三角」をクリックすると目次が表示されます。

  事故原因

 船上減圧室と外部との連絡は、月着陸船と管制センターとの連絡に似ている。目と鼻の先程の距離に居ながら、地球から月程の距離に感じる。少なくとも、気圧の壁のが立ちはだかり、簡単に行き来できない点では、全く同じだった。
 ただ一つの違いは、船上減圧室の側面にある数箇所の小窓から、相手の顔が生で見られる点だろう。
 恋人同士が、小窓のガラスを間に挟んでキスをする。
 映画なら、そんなシーンも出てくるだろう。
 何を勘違いしたのか、クストーの乗組員が、たっぷりと口紅を塗り、小窓の一つにキスマークを付けた。せめて、恋人が来たつもりになってくれという意味なのだそうだ。
 だが、クストーの女性乗組員の協力を得られなかったらしく、キスマークを付けたのは、男だった。だから、減圧室の中に居る七人は、誰一人として、その小窓には近付かなかった。
 そんな小窓の一つから、タッカは外を見た。
「ごめんね」
 小窓の向こうで、ユカリが手を振りながら言った。
 そのままでは、声は聞こえない。彼女は、受話器を片手に、話し掛けてきた。
「見つけるまで、時間が掛かってしまって、ごめんなさいね」
 浮上してから、見つけてもらうまで、一晩を越していた。はっきり言って、中のメンバーは、絶望していた。脱出の際に、大量の酸素を消費したので、酸素は底を突き、二酸化炭素の濃度も、危険な領域まで上昇していた。
 メンバーは、今回の事故後の経緯を詳細な記録に残すため、手分けしてメモに書き留める仕事をした。電源が無くなり、パソコンが使えなかったので、全て手書きになった。二酸化炭素中毒による激しい頭痛と吐き気の中、懸命に記録を残した。発見が間に合わなかった場合でも、彼等の経験が今後に活かされるようにするためだった。
 正に、遺書の代りだった。
 幸い、ギリギリのところで発見され、救出されたのだが、その後も、B棟だけで浮上していたものだから、船上減圧室に乗り移るのに、大変な事になった。
 ダーウィンの甲板は、戦場になった。B棟を大型クレーンで釣り上げ、前の甲板に下ろしたまでは良かった。だが、そこから出す方法が無かった。やむを得ず、外部から電源とエアの供給をしながら、B棟の中で減圧する事になった。でも、俺には部屋が無く、鉄腕が交替で寝ようと言ってくれたので、同じベッドを二人で交替に使った。
 俺達を発見するのが遅くなったのは、俺達が浮上した位置が、元の場所から一海里以上も流された場所だったからだ。B棟は、傾斜したまま浮上したので、斜めに浮上してしまった。おまけに、海面からは、ほとんど出ていないので、空から捜索するまで、気がつかなかったらしい。
 運が良かったというべきか、ダーウィンが潜水艦を振り切って戻ってきた際、海底基地を探してくれた事だ。トランスポンダーで位置決めしただけでなく、音波探知器で、再確認した。その際に、海底基地からのエコーが、変化している事に気付いたのだ。
 ユカリは、何かが浮いてきているかもしれないと思ったが、既に夕闇に沈み始めていたので、翌朝を待ってS-2Rを飛ばした。
 捜索海域が狭いので、彼女は直ぐに見つけた。ただ、航続距離の長いS-2Rも、四回も離着水を繰返したため、燃料が乏しくなり、捜索終了と共に、サンディエゴに戻った。
「今頃謝っても、もう遅い。一ヶ月も前の話だ!」
 タッカは、怒って見せた。
「そこで、待ってろよ。とっちめてやる」
 鉄腕まで、調子に乗って言い加えた。
 彼女は、サンディエゴに戻った後、報告書の山に埋もれ、本来の救難待機と合わせ、ダーウィンに戻ってくる事はできなかった。
 その間、ダーウィンは、B棟で減圧を続けながら、サンディエゴに向かい、二週間前には入港していた。サンディエゴ港で、クストーと合流し、クストーの水中エレベータを緊急脱出球のハッチに接合する事で、クストー側の船上減圧室に移動した。負傷者は、そこで、初めて本格的な治療を受けられるようになったが、ドクターの処置が良かったらしく、二人とも完治するだろうとの事だった。
「私は、忙しいの。鉄腕にとっちめられてる暇は無いの」
 と言って、アカンベーをする。
 彼女は、タッカ達が今日で出られる事を知って、ここに来た筈だ。
 タッカは、胸が締め付けられるような気持ちになった。
(ユカリは、鉄腕を迎えに来たんだ。俺を迎えに来たのではない)
 今日でここを出られるというのに、タッカの気持ちは落ち込んだ。彼女が去った後で、ここを出たかった。
 そっと小窓から離れて、奥に隠れた。
 しばらくして、鉄腕が、タッカの横に来た。
「おい、誰が一番最初に出るか、くじ引きしようぜ。他の連中も、待ってるぞ」
 言われるままに、食堂に集まった。くじは、阿弥陀くじだった。ナンスは、奥のベッドで寝ていたが、最初に彼が引いていた。残る六本を、順番に決めていく。
 結果は、アロイが一番、オコーナーが二番、ナンスが三番、ドクターは四番、五番がオハラで、六番が鉄腕だった。
「くじ運がいいな。酉じゃないか」
 タッカは、くじ運が悪い方だ。特に、阿弥陀くじは、勝った試しが無い。今回だって、くじ運が良いのか悪いのか。この空気の悪く、狭苦しい減圧室から出るのが、七人の中で、最後になってしまった。
 でも、その方がいい。
 外に出た時、彼女に見送られ、自分より後に出てくる鉄腕の所に走っていかれるより、先に鉄腕に飛び付いてもらって、その隙に、そっと身を隠す方がいい。
「で、何時に出られるんだ? もう、減圧は終わったんだろう?」
 オハラが、待ちかねたように言う。
 あれから一ヶ月。暗闇の中で、一緒に仕事をした僅か二時間で、顔を覚えるより先に、仲間になったような気がする。五人で一緒にハッチを押し、五人で一緒に坂になった通路を滑り降りた記憶が、懐かしく思い出された。
「減圧は、今朝で終わったけど、取材陣の準備がまだらしい」
 電話を置いたオコーナーが、がっかりした表情でみんなを見た。
「マスコミは、俺達を監禁する権利を持っているのか」
「らしいな」
「ここを出たら、記者会見場に直行って訳だ」
「そうじゃないらしい。マスコミの連中は、やつれた顔でここから出てくる俺達を、カメラに捕えたいらしい。記者会見は、俺達が臭いんで、シャワーを浴びてからって事になった」
「じゃあ、今日一日、マスコミのお相手かい?」
「そういう事だ」
「おい、勘弁してくれよ。俺は、ここを出たら、真っ先にプールに行って、一泳ぎしたいんだから」
 オハラが、泳ぐ真似をする。
「まだ、泳ぎ足りねぇのか。何なら、もう一度下に行って、泳いできたらどうだ」
 どっと、笑いが巻き起こる。
「下は、今度の機会に取っておくよ。俺はなぁ、お天道様の下で泳ぎたいんだ」
「遠慮しなくていいんだぞ。下なら、一人で泳げるぞ。貸し切りだ」
 オコーナーが笑って言う。
「違う、違う。こいつは、プールにいるギャルが目的なんだ」
「じゃあ、下にギャルを連れてけよ」
「くる女なんか、誰もいないさ」
「だから、まだ一人者なんだ」
 いつに無く口の軽い仲間が、オハラをからかった。
「うるせぇ!」と憮然とするが、直ぐに大口を開けて笑い出す。
 もう、ここを出るまで、時間の問題だ。その安心感からか、タフな精神を持っている彼等も、会話が明るい。
 そんな中、鉄腕が音もなく立ち上がると、食堂を出た。そして、そっとタッカに手招きした。

 一時間後、呼び出し音が鳴った。今からハッチを開けるとの連絡だった。
 全員が、準備に入った。
 ハッチが開き、外の空気が流れ込んできた。
 彼等は、くじの結果を無視した。
 オコーナーが最初に出て、ナンスの担架を受けた。担架の後ろを持ったオハラが続き、ドクターに付き添われたアロイが出た。彼等がくじをしたのは、ただの暇つぶしに過ぎなかった。負傷者を優先するための最良の順番で、ここを出て行った。
 彼等の熱いハートと冷静さに、改めて感心させられた。
 タッカと鉄腕は、最後に残された。
「今度は、ジャンケンで決めないか」
「そんなに酉がいいんだったら、俺は先に行くぞ」
 そう言うと、鉄腕は、さっさとハッチを潜り抜けた。
 タッカは、慌てて後を追った。
 ハッチを出た途端、眩いばかりにフラッシュが煌いた。ただ、ガードマンが壁を作っていて、マイクを突き立てられる事はなかった。人の壁の間を、タッカは鉄腕を追って小走りに抜けた。スタッフが、誘導してくれる中を、会議室に入った。そこには、一ヶ月ぶりに生の顔を見るユカリと船長の姿があった。
 タッカは、ユカリの視線を外し、船長に握手を求めに行こうとした。その肩を、鉄腕のごつい手が押さえつけた。その瞬間、ユカリがタッカに飛び付いてきた。タッカは、何がなんだか、分からなかった。
 彼女の肩を押し戻し、「飛び付く相手を間違えてるぞ」と言った。
 彼女は、激しく首を振った。彼女の涙が飛び散った。
「鉄腕は、船長に挨拶してるわ。あなたしか、飛び付く相手がいないでしょ」
 そう言って、タッカの胸に顔を埋めた。
 そして、もう一言、「臭い!」と言ったまま、肩を震わせ泣いていた。
 船長は、鉄腕と握手したまま、肩を叩き合いながら、離れていった。タッカは、ユカリと二人きりで、会議室に取り残された。

       < 次章へ >              < 目次へ > 

 ヘッドライトに照らされている所だけが、自分に与えられた世界かもしれない。
 どこを見ても暗闇の世界。後の四人も、ヘッドライトの明かりがちらちら見えるだけだ。これで、千メートルの世界に出るのは、三度目だが、慣れそうにない。自分には、空がむいているようだ。
「タッカ! ワイヤーは、準備OKだ」
 タッカは、返事もせずに、緊急脱出球に入った。二時間前に来た時と、何の変化もなかった。タッカは、下部ハッチを開いた。これで、内圧が高まれば、最大0.4気圧で緊急脱出球が押し上げられ、ハッチとハッチの間に隙間を作り、逃がし弁より早く海水を吐き出すだろう。
 続いて、切り離しレバーを引いた。ゴクンと音がし、ロックが外れた事が分かった。今度は、内圧調整をマニュアルに切り替え、バルブを全開した。一瞬、目の前が真っ白になった。気泡が、霧のように吹き出し始めた。急いで、緊急脱出球の上に出て、上部ハッチを閉じた。
 タッカは、ワイヤーとケーブルに注意しながら、緊急脱出球とB棟の接合部に近付いた。接合部からは、まだ海水は吹き出ていない。まだ、内圧が十分に高まっていないのだろう。手を翳して、海水の吹き出しを待つ。
 もう、内圧は、かなり高くなっている筈だ。
 じりじりしながら待っていると、いきなり緊急脱出球が、横ずれを起こした。
「今だ! 引け!」
 タッカは、水中電話に怒鳴った。
 ワイヤーが張る時の高周波音が聞こえ、面白いほど勢い良く、緊急脱出球が横に走った。B棟のハッチとの接合面からずり落ちると、B棟の屋根に落ちるより早く、A棟側へ移動した。
「やったぁ!」
 思わず叫んだ。
 緊急脱出球は、A棟の屋根に向かって、ゆっくりと落ちて行ったが、途中で沈降速度が無くなった。ケーブルにも引かれ、浮力が付いたのだ。
「まずい! 逆回転させて、ケーブルを外せ!」
 直ぐに、逆回転が始まった。だが、スクリューを保護するリングに絡まり、外れなかった。潜水艇は、緊急脱出球に引かれ、船尾を少しずつ持ち上げ始めた。
 このままでは、潜水艇の重量が浮力を食ってしまい、ケーブルが排除できなくなってしまう。慌てて、潜水艇に近付いた。だが、心配は無用だった。
 突然、青白い光が現れた。水中作業用のトーチだった。一人が、トーチでワイヤを焼き、間も無く切断に成功した。浮力を失った潜水艇は、元の位置に静かに着底した。
「よし、ここはいい。タッカ、酸素の残量を確認しろ。もう残っていないだろう」
 そんな筈はないと思いながら、メーターを見てぞっとした。
「さぁ、中で、配線を手伝ってくれ」
 上手い人使いだ。感心しながら、開放ハッチを目指した。
 配線は、ほとんど終わっていた。タッカは、B棟に入り、負傷者をベッドに固定する作業をした。一人は、意識がはっきりしていて、何とか一人でも動けるようだったが、もう一人は、意識がなく、薬で眠らされている状況だった。
 B棟が切り離される時、大きく傾く事も考えられた。その中で、動けない二人がベッドから落ちて、怪我を酷くする事は防がなければならない。
 担架に使うベルトを外して持ってきて、ベッドに固定した。
 余った時間で、高い場所にある荷物は、ストラップで固定するか、下に降ろして、ネットを被せた。
 簡単に出来る所が終わった頃、全員が戻ってきた。
 今度は、連絡通路を、トーチで焼き切るのだ。爆薬を考えたが、分厚い板を破壊し、かつ、B棟に被害が出ないようにする事は、非常に難しい事が分かったからだ。
 A棟とB棟の外壁は、百気圧の内圧超過に耐えられるように、厚さ三センチの高張力鋼で作られている。連絡通路は、A棟等と同じ強度にするには、厚さ二センチにすれば良いが、それでは、内圧超過になった際の膨張量に差が生じる。それで、その差を減らし、接合部のストレスを減らすために、連絡通路の外壁は、意図的に薄い板を採用している。
 彼等は、B棟側のハッチの下半分に、板をあてがった。これで、連絡通路に浸水した水は、より低いA棟側に流れ込む事になる。
 鉄腕と、オコーナー、オハラの三人で、同時に切断を始めた。連絡通路が、青白い光で溢れた。金属を焼く異臭と、煙が、通路からB棟まで入ってくる。だが、最後の瞬間に、ハッチに飛び込まなければならないので、ハッチは開けておかなければならない。
 接断面が広がるに連れ、浸水が激しくなった。溢れた海水は、勢い良くA棟に流れていく。A棟が、満水になるまでに、切断を終わらなければ、助かる見込みも無くなる。
 浸水は、途中で、減り始めた。理由は、直ぐに分かった。下側が切断されたのだ。気圧は、連絡通路の床面の水圧より、僅かに高い。だから、浸水する以上に、そこから排水されるのだ。だが、天井部分の切断が進むにつれ、そこからの空気の漏れが激しくなる。それは、耳の奥のツーンとした感触で分かる。気圧が下がり始めていた。
「よし、これで終わりにしよう。後は、浮力で破壊する」
 その言葉で、猛烈な海水のシャワーとなっている連絡通路から、全員がハッチに飛び込んできた。
「ドクター、やってくれ」
 一人、ハッチに陣取ったドクターは、A棟の暗闇に線の延びたコントローラのスイッチを捻った。
 ズン。
 振動を感じ、海水の漏れが激しくなった。ドクターは、A棟に向かってコントローラを投げ捨て、さっと逃げた。それを見計らって、板を越えて溢れてくる海水に逆らい、鉄腕が、ハッチを押した。彼の肩に、見事な力瘤が浮き上がった。
 鉄腕の本当の握力は、誰も知らない。
 彼は、百キロまで計れる機械式の握力計を、左右とも軽々と振りきってしまう。それで、ユカリが百二十キロまで計れる電子式の握力計を用意したのだが、鉄腕は顔を真っ赤にしながらも、百二十キロを振り切った。流石に、左では無理と思ったらしく、右のみの挑戦となったが、計測結果は百二十キロ以上の握力がある事が分かっただけで、正確な数値を得る事はできなかった。ただ、三百五十キロ前後の背筋力も含め、並みの男の三倍近い怪力の持ち主である事は、疑いようのない事実だ。
 しかし、彼の力を持ってしても、ハッチの隙間から海水が流れ込み、完全に閉まらない。握力八十キロ以上、背筋力二百五十キロ以上のタッカも加勢したが、閉まらなかった。ついには、オコーナーも、オハラも、ドクターまでもが、力を合わせて、ハッチを押した。小さなハッチに、五人が群がり、必死に押した。
 五人の力は、水圧を捻じ伏せ、ぷしゅっと言う音と共に、ハッチの隙間からの海水は止まった。ドクターが、素早くハッチのロックを掛けた。
 内圧の高さで、一瞬、海水の侵入が止まり、空気が漏れたのだ。その時のベンチュリー効果と内圧で、ハッチは勝手に閉まったらしい。五人は、ハッチの下にしゃがみ、肩で息をした。
 ハッチが閉まるの待っていたかのように、金属が擦れ合う激しい音が聞こえ、同時に、ハッチ側を下に、奥を上に、大きく傾き始めた。
 無気味な音だった。
 A棟との連絡通路が、B棟の浮力に耐え兼ねて、捻じ切れ始めたのだ。
 音は、続いた。B棟の傾斜は、二十度を越えた。ヘッドライトに照らされた通路が、壁のようになっていく。
「全員、落下物に注意しろ。このままの位置に居て、連絡通路を捻じ切る」
 もう、それしか、方法が残っていなかった。ハッチは、内圧を下げない限り、人間の力では開かない。外に出る事さえ、できないのだ。
 しかし、二十度を越えた所で、傾斜は止まった。
 誰の口も、閉じられたままだった。
「おい、誰か、アイデアを出せ。もうちょっと、じたばた出来る時間があるぞ」
 オコーナーが、みんなを勇気付けた。
 だが、誰からも、アイデアは出なかった。
 長い沈黙が流れた。
 と、突然、オコーナーが通路を登り始めた。
「おい、全員来い」
 みんな、ぞろぞろとついて行った。二十度の急坂を登り詰めると、彼は、こう言った。
「一気に駆け下りるぞ」
 その言葉通り、五人で一気に駆け下りた。
 また、軋む音がした。
「もう一度やるぞ」
 五人で、これを繰返した。しかし、軋んだのは、二回目までだった。五回目を終わった時、誰も「もう一度」とは言わなかった。
「誰か、アイデアは無いか?」
 そうだ。まだ、脳波は止まっていない。もう少し、じたばた出来そうだ。だが、アイデアが無かった。
 軋み音が聞こえないかと、耳を澄ませたが、男達の息以外に、何も聞こえない。
「おい、何か聞こえなかったか?」
 誰か、言い終わらない内に、強い振動を感じた。
「地震?」
 オハラが言った。
「いや、違うな。何かの爆発音だ」
 鉄腕の意見に賛成だった。日本に居る時に経験した地震とは、揺れ方が違っている。それに、ここは地震地帯ではない。
 シャングリラが揺れたせいだろう。再び、連絡通路が軋み始めた。
「もう一回、やってみるか」
 その言葉に呼応し、全員が二十度の傾斜を昇り始めた。その時、二度目の爆発音が聞こえた。B棟は、激しい軋み音と共に、傾斜を強くしていった。三十度を越えた傾斜を五人は、足を滑らさないように気遣いながら、黙々と昇って行った。
 軋み音は、途切れる事無く続いていた。
「ようし、一気に滑るぞ!」
 その掛け声と共に、五人は、抱き合うようにして滑り落ちた。
 連絡通路は、激しい音を伴って、破断した。同時に、B棟は、大きく傾斜したまま、海面に向かって駆け上り始めた。
 十五分後、五人は、小さな窓から、真上に太陽光を見ていた。

       < 次章へ >              < 目次へ > 

↑このページのトップヘ