伊牟ちゃんの筆箱

 詩 小説 推理 SF

「海と空が描く三角」の連載を始めました。
カテゴリーから「海と空が描く三角」をクリックすると目次が表示されます。

  - 2 -

 事情聴取は、三十分程で終わった。隼人と宙美が刑事達を見送る間に、大地はPDAを回収した。
 三人は、もう一度、大地の部屋に集まり、PDAの録音を再生した。
 PDAには、三人が居間に転げ込んだ時の音も、奇麗に録音されていた。
「すみません。はしたない事をしまして」と、芙美子が三人の行為を謝っていた。
「構いません。余程、気になっていたのでしょう。それより、早速、本題に入らせて頂きます」
 録音のサンプリング周波数が高くないのだろう。音質は良くなかった。ただ、声の調子から、刑事が話しているのだろうと、想像する事はできた。
「最初は、小惑星墜落そのものです。小惑星が当初の軌道を逸脱した事に気付いたのは、いつ頃だったのか、教えて下さい」
 芙美子は、一呼吸置いてから、ゆっくりとした口調で話し始めた。
「私は、小惑星の軌道変更には、タッチしていませんでした。ですから、詳しい時刻はわかりません」
「では、小惑星の墜落が避けられないと分かった時刻は、いつ頃でしたか?」
「征矢野センター長が私に避難誘導を命じたのは、墜落の一時間半くらい前でしたから、少なくとも、その時点では分かっていたと思います」
(僕が侵入したから、小惑星が落ちたのだろうか?)
 隼人が管制センターに侵入したのは、父に呼び出される一、二時間くらい前だった。小惑星墜落は、それから一時間足らずの内に起こっている。小惑星が軌道を逸脱した時刻がいつだったのか、正確なところが知りたくなった。
「本当に、小惑星の軌道について、知らなかったのですか?」
 それまでと、声が変わった。検事が話しているらしかった。厭な雰囲気を持っていたが、隼人は彼を応援したくなった。
「先程も言いましたが、軌道変更には関与していませんから、具体的な状況は知り得ない立場に居ました」
「嘘を言ってもらっては困りますな。貴方は、小惑星の資源化の重要なスタッフだった事を、私達が知らないと思っているのですか」
 高圧的な物言いは、やはり検事の声らしい。芙美子には悪いとは思いつつ、もっと厳しく追及してくれと、隼人は願った。
 その芙美子は、たじろぐ様子も無く、切り返した。
「当然、御存知なのでしょう。でしたら、私の大学での専攻についても、御存知の筈」
「大学の専攻を聞いていません。小惑星の軌道について、質問しているのです」
「大学の専攻を知れば、私が軌道変更のスタッフになれる実力があったかも分かると思いまして」
(おばさんも、負けていないな)
 隼人は、感心してしまった。
「随分、しつこく聞いてるね。おばさんが知る訳が無いから、僕だったら、質問を変えて、別の角度から聞いてみるのにな」
 大地の意見に、隼人も肯いた。隼人も、芙美子が軌道逸脱の正確な時刻を知らない事を認めた。
「もう一度言います。軌道から逸脱した事に気付いたのは、いつ頃でしたか?」
「私は知りませんし、知る事ができる立場にも居ませんでした」
「お兄様からも、お聞きになっていませんか?」
 芙美子が息を飲むのが、雰囲気で伝わってきた。そして、大地と宙美も……
「お兄様は、小惑星を地球周回軌道までの軌道変更計画の立案者だそうですね。当然、軌道変更については最も詳しい訳ですから、その内容を貴方に話していたと考えられるのですが、どうでしょうか?」
 検事は、最初からこちらを確認したかったのだ。
 芙美子は、どう答えるべきか迷っているらしく、しばらく黙っていた。
「私が知る範囲では」と前置きし、慎重に話し始めた。
「兄は、小惑星の軌道変更に反対でした。五ヶ月前、こちらに移ってきたのも、軌道変更のスタッフから外れたためでした。そんな兄から、小惑星の事を聞かされる筈が無いし、地上とこことに別れていましたから、リアルタイムで知る事は難しかったと思います。もちろん、ネットワーク上に一般公開されている情報には、触れる事ができたとは思いますが」
 コホンと咳払いがあった。
「私達には、意外に聞こえるのですが。つまり、軌道変更計画の立案者が、軌道変更には反対していた事が」
 沈黙があった。
「兄は、小惑星の軌道変更で、月や地球を掠めるように飛ばす事に、危険を感じていたようです。ですが、兄が反対意見を唱え始めた時には、小惑星は、地球周回軌道へ向かう軌道に入っていましたから、容易には変更できない状況にありました」
「お兄様は、いつ頃から反対なさるようになったのですか?」
「私の耳に入るようになったのは、一年半くらい前でしょうか。征矢野さんと兄が、激しい口論をしていたと聞いたのが、昨年の正月明け早々だったように記憶しています」
「昨年の正月明けですと、月をフライバイする半年くらい前になりますね」
 芙美子は、記憶を確認するように、僅かに間を取った。
「月のフライバイは、ちょうど一年前ですから、そうなります」
「で、征矢野氏との間に埋められない確執が生れ、お兄様はこちらに転籍された」
「兄の心情は、私には分かりません」
 芙美子は、そう言っただけだった。
「さて、これからが本題です」
(えっ、これから本題? 一体、何が聞きたいのだろう)
 隼人と同じ事を、芙美子も思ったらしい。
「まだ、お聞きになりたい事があるのですか?」
「申し訳ありませんが、もうしばらく、お付き合い下さい」と刑事の声がした。
 芙美子の不満そうな雰囲気が、椅子に掛け直す音からも伝わってくる。しかし、あの検事には伝わっていないらしい。気分を害さないように心配りをする刑事とは違い、言葉だけが丁寧な高圧的態度が続いた。
「お兄様は、軌道計算上の誤りに気付いていたのではないでしょうか。それを、征矢野氏に伝えたが、一蹴されてしまった。違いますか?」
「何をおっしゃりたいのですか?」
 芙美子は、冷静さを失っていなかったが、動揺を隠せないでもいた。
「征矢野氏は、既にスタートを切った計画を、途中で頓挫させる訳にはいかなかった。そもそも、この計画は、征矢野氏とあなたのお兄様が立案し、政府に強く働き掛けたものでした。ところが、あなたのお兄様は、突然、計画の反対を唱え始めました。その理由を、妹さんのあなたに話したのではないかと、私は睨んでいるのですが、どうですか?」
 検事の言い方は、誘導尋問のようになってきた。
「お兄様が反対される理由は、二つしかありません。一つは、征矢野氏を失脚させる事が目的だったとする説です。征矢野氏は、計画の最高責任者で、しかも、推進派の最右翼でした。計画の断念は、征矢野氏の管制センター長辞任に直結します。もし、あなたが聞いたお兄様と征矢野氏の口論が小惑星軌道変更計画以外の問題についてだったとするなら、お兄様は征矢野氏の怨みを持ったと考えられなくもありません。それなら、征矢野氏を失脚させるために、計画反対を主張したと推理できるのです。実は、庁内では、この説が有力視されています」
(誘導しようとしている。おばさん、騙されるな)
 隼人は、三十分以上も前に録音された事を忘れ、拳に力を込めた。
「兄は、他人の失脚を画策するような人間ではありません。そんな器用な事ができる人間ではありません。それに、センター長も真面目で優秀な方で、兄は尊敬もしていました」
(おばさん、騙されちゃ駄目だよ。検事の奴、二番目の説を認めさせるのが目的なんだ)
「そうなりますと、もう一つの説が、俄然有力になりますな」
(やっぱり)
「私は、お兄様の軌道変更計画の計算結果に、重大な誤りがあったのではないかと考えています。お兄様は、このままでは地球が危ないと感じ、計画に反対をなさるようになった。私は、そう考えています」
 恐らく、検事はあの鋭い目付きで芙美子を見詰めているのだろう。長い間が開いた。
「お兄様から、何か伺ってはいませんか。小惑星の軌道計算に誤りがあった事を仄めかすような言動とか」
「身内の私がいうのも変ですが、兄は、優秀な技術者であり、学者でもあります。軌道計算に誤りがあったとは考えられません。ただ、技術に完璧はないが口癖でしたから、その辺りでセンター長と衝突したのではと、私は思っています」
「それを聞いて安心しました」
 検事の声は、打って変わって和らいだ。
「えっ?」
 芙美子だけでなく、隼人達三人も、声に出そうなくらいに驚いた。
「これで、業務上重過失致死について、ある程度の確信を持てました」
「確信?」
「ええ。他人を疑る事が仕事のようなものです。ですから、お兄様についても、殺人罪を視野に入れて捜査しています。つまり、お兄様の技術と知識を持ってすれば、小惑星の軌道を意図的に狂わす事も可能だっただろうと」
 大地も、宙美も、凍りついた。
「御心配なく。私は、その可能性はほとんどないと考えています。それを確認したくて、ここに来たのです。あなたがおっしゃった通り、お兄様とセンター長が衝突したのは、技術の過信が原因でした。これは、お兄様から事情を聞いた際に、御本人がおっしゃってました。だから、こちらへ転籍された後は、反対意見をほとんど言われなくなったのです。逆に言えば、それほど危険性が高い訳ではなかったという事です」
(おじさんが殺人犯にされずに済んだ)
 安堵の溜息が漏れた。
「ただ、残念な事は、お兄様が考えていた技術に対する過信が、現実のものとなってしまった事です。私達は、この事故の捜査をしなければなりません。被疑者は、既に死亡したと思われますが、それでもやめる訳にはいかないのです。なぜなら、九十億人を越える被害者が出たのですから」
 検事の最後の言葉は、隼人に重く圧し掛かった。
 それは、父への宣告のようなものだった。

       < 次章へ >              < 目次へ >

  参考人

  - 1 -

 余程疲れていたのか、それとも居心地が良いのか、隼人が起きて食堂に入った時には、彼の朝食だけが残っていた。居候の身ながら、一番遅くまで寝ていたらしい。急いで、口に捻じ込むと、自分で奇麗に後片付けをした。家で、家事一切を仕切ってきた御陰か、手際良く終わらせる事ができた。
 遅く起きた事で迷惑を掛ける事を最小限にしたのだが、みんなの声が聞こえる居間に入るのは、少々気後れがした。
 居間の前でうろうろしていると、不意に玄関のチャイムが鳴った。
「お客様のようね」と宙美の声が聞こえた。
 隼人は、隠れる場所を探したが、直ぐに芙美子が出てきて、見付かってしまった。
「あら、起きたのね。ぐっすり眠れた?」
「ええ」
「良かったわ。朝食は、食堂のテーブルに置いておいたから、食べてらっしゃい。お客様のようだから、その後で私が片付けるから、食器はそのままでいいわよ」
 芙美子は、階段を下りていき、玄関ホールでインターフォンを取った。来客と何やら話していたが、見る間に表情が変わった。その様子を階上から見ていた隼人は、気になって階下に下りた。
 芙美子は、困惑と不安が入り交じった表情のまま、インターフォンの釦を押して、玄関の鍵を解錠した。
(宙美ちゃんのお父さんが亡くなった知らせだろうか?)
 芙美子の表情から、そんな想像が浮かんだ。宙美の父が亡くなったのなら、同じ場所に居た隼人の父も、同じ事だ。
 隼人は、気になり、その場に留まって玄関の様子を覗った。
 玄関が開くと同時に、二人の男が勢い良く飛び込んできた。
「アトランティス警察の小笠原です。こちらは、アトランティス検察庁の有馬検事です」
 思いも掛けない肩書きに、隼人は面食らった。
「私達は、三日前の小惑星墜落事件について、業務上重過失致死傷の疑いで捜査をしています。本日、お邪魔しましたのは、関係者の御話を聞きたくて参りました」
 ショックだった。
 小惑星墜落が、業務上重過失致死傷になるとは、隼人は考えもしなかった。でも、冷静に考えてみると、宇宙移民事業団の業務として小惑星を地球周回軌道に投入しようとしていた。それに失敗して地上に墜落させてしまい、億単位の人々を死なせてしまったのだから、過失致死の責任を負わされるのは、当然の事だ。しかも、総ての責任の頂点に、父がいた。
「本来なら、署に同行して頂いて事情をお聞きするところですが、地球からの脱出行でお疲れでしょうから、私達の方から出向いた次第です。御話を聞かせて頂けないでしょうか?」
 下手に出た言い方は、決して高圧的ではなかったが、男達が発散させる独特の雰囲気と肩書きが、拒絶を許さない圧力を掛けてくる。
「どうぞ、御上がり下さい」
 芙美子は、事情聴取を受ける決心をしたらしく、二人を招じ入れた。
 隼人は、二人の男の後を追い、居間に入った。芙美子の話を聞くつもりだったし、場合によっては、父の名誉のため、反駁する気でいた。
 居間では、大地と宙美が、楽しそうに談笑していたが、見掛けない男達が入ってきたので、驚いて立ち上がった。
 芙美子が「警察の方よ」と言うと、大地は怪訝な表情を見せた。
「申し訳ありません。御人払いをお願いします。一応、事情聴取ですので、我々と奥様だけでお話しなければなりません」
「僕達も関係者です」と、隼人は食い下がった。
 自分の知らないところで、父に責任が押し付けられていくのは、許せなかった。
「何だね? 君は」
 隼人が名前を言うより早く、芙美子の言葉が遮った。
「隼人君! 大地君や宙美と一緒に二階に上がってなさい。この方達は、宇宙開発事業団職員としての私に質問があるのよ。その家族には、関係がないのよ」
「おっしゃる通りです。何せ、管制センターの職員の中では、貴方だけが生き残りですから」
「でも、僕は……」
 隼人が、センター長の息子だと言おうとした時、今度は大地が遮った。
「さぁさぁ、僕達子供は、邪魔らしい。さっさと二階に上がって、夏休みの宿題を済ませようじゃないか」
 大地に背中を強い力で押され、居間から出た。同時に、背後で扉が閉まる音がした。
「ついてきなよ」
 大地は、意味ありげにウィンクした。隼人は、閉ざされた扉を未練がましく見詰めながら、大地と宙美に挟まれて二階へと上がった。
 大地の部屋に集まった三人は、車座に座った。
「どうして、あの部屋に居たら駄目なんだ?」
 隼人は、納得していなかった。
「僕は、関係者の一人だよ」
「違うよ。隼人君は、避難民の一人でしかない。警察が聞きたい事は、避難の様子じゃない筈だ」
 意味が分からなかった。
「たぶん、小惑星が墜落した原因を知りたい筈だ。どうやら、おばさんは、管制センターの職員で唯一の生き残りらしいからね」
(え!)
「じゃあ、どうして警察が事故原因を調べるんだい? 事故を起こしたのは、宇宙移民事業団だろう。事業団が事故調査をするのが本筋じゃないのかい?」
「死傷者が出ていなければね」
 大地の言葉が、冷たく聞こえた。
「刑事が言ってただろ。業務上過失致死傷の嫌疑が掛かっているって」
「おかあさんが、隼人君に喋らせなかったのは、貴方が管制センター長の息子だと警察が知ったら、興味を持つ事を心配したのよ」
「おばさんは、思慮深い人だ。事故には関係していなくても、警察が隼人君をマークするかもしれないと考えたのかもしれない。警察にマークされるとキツイよ。宙美から聞いたけど、隼人君が持って来たパソコンなんか、特別に興味を持つだろうな」
(それは、マズイ!)
「顔色が変わったね。さては、エッチな動画が入ってるんじゃないかい?」
「そんなもの、入れてないよ!」
 慌てて否定したが、それが肯定に見えたようだ。大地は笑っているし、宙美は不潔な物を見るような目をしている。
「ははは、冗談だよ。でも、自分のパソコンの中を見られるのは、心の中に土足で入られるようで不愉快なものだ。僕だって、自分のパソコンの中は見られたくないな」
 大地がフォローしてくれたので、宙美の視線も和らいだ。
「でも、僕は、余計に話を聞きたくなったよ」
 大地と宙美は、顔を見合わせ、揃って肩を竦めた。
「大丈夫よ。大地君が、盗聴できるようにしたから」
「マズイよ! 警察は、盗聴防止センサーを持ってるんだよ。見付かってしまうよ」
「大丈夫だよ。PDA(携帯情報端末)を録音モードで転がしてあるだけだから、絶対に見付からないよ」
 盗聴防止センサーは、装置で拾った生の音声と同じ情報が、周辺の電波の中に含まれているかを調べる。盗聴器で盗聴し、それを電波で飛ばしていたなら、即座にセンサーが警報を発する仕掛けだ。だから、大地の言うように、録音しているだけなら、センサーには引っ掛からない。
「でも、警察も馬鹿じゃないから、録音型の盗聴器は目で探すんじゃないかな」
 大地は、はっとした表情を見せた。
「大地君、僕達も部屋の前で聞き耳を立てようよ」
「どうしてだい?」
「そうよ。見付かってしまうかもしれないわ」
「逆だよ。見付かった方がいいんだ。あれほど話に加わろうとしていた僕が大人しくしていたら、盗聴している可能性を疑うよ。でも、三人が部屋の前で盗み聞きしている事が分かったら、盗聴している可能性がない事を証明しているようなものじゃない」
「そうね。盗聴のチェックだって、甘くなるかもしれないわ」
「なるほど。僕が、君を強引に二階に連れて上がったのも、盗み聞きしない振りを見せる演技だと、勘違いしてくれそうだね。よし、直ぐに下に行こう」
 大地は、先頭に立って階下に降りた。
 彼は、オーバーアクション気味に、抜き足、差し足、忍び足、と居間の扉に近付いていく。宙美も、それに習って、足音を消して歩いていく。隼人も、大地並のオーバーアクションで、居間の扉に張り付いた。
(わざと、見付かるような事をしない方がいい。あちらはプロだから、必ず見付かる)
 隼人は、できるだけ静かに耳を戸に当てた。
 予想した通り、刑事は、盗聴の確認をしているようだった。ごそごそと、盗聴器を探す物音が聞こえた。
「盗防センサーは、OKのようだ」
 扉の向こうから、くぐもった声が聞こえてきた。
 PDAは、まだ見付かっていないようだ。カードほどの大きさだし、音は全く出さないから、大地の隠し方にもよるが、簡単には見付からない筈だ。
「よし、それじゃ始めますかな」
 もう一人の男の声だった。だが、それきり、声が聞こえなくなった。三人は、なんとか中の声を聞こうと扉に耳を押し当てた。
 バァン!
 突然、扉が音を立てて勢い良く開いた。支えを失った三人は、三流映画の一シーンのように、無様に折り重なりながら居間に転げ込んだ。
 隼人が顔を上げると、「やっぱり」とばかりに、刑事が扉のノブに手を掛けて立っていた。
「君らに話を聞かせる訳にはいかないんだ。自分の部屋に戻りたまえ!」
 芙美子の前に座っている検事は、顔をこちらにも向けないで、そう言った。
「僕だって、話を聞きたいんだ。どうして、僕らがここへ来る事になってしまったのか、聞く権利はある筈だ」
 頭ごなしの検事に、少々腹が立っていた。
 立ち上がった隼人は、検事に歩み寄った。検事は、小馬鹿にしたような笑みを浮かべて、隼人を見上げた。
「君が、征矢野隼人ではなく征矢野勝史なら、こちらから話を聞きたいくらいだが、君に聞く事も、話す事も、一切無いんだよ」
 隼人は、どきっとした。検事は、最初から知っていたのだ。隼人は、パソコンの事が気になった。
「驚く事はないだろう。神戸芙美子氏がここに居る事を知っている私が、一緒に避難した君の事を知らない筈が無いだろう」
 誰かが肩に手を掛けた。振り向くと、恐持ての刑事が優しく微笑んでいた。
「君が拘り過ぎると、神戸氏の事情聴取は署でしなきゃならなくなる。君は、それを望まないだろう」
 隼人は、芙美子の顔を見た。芙美子は、小さく頷いた。
「わかりました」
 隼人は、大地と宙美を伴い、二階に上がった。

       < 次章へ >              < 目次へ >

↑このページのトップヘ