伊牟ちゃんの筆箱

 詩 小説 推理 SF

「海と空が描く三角」の連載を始めました。
カテゴリーから「海と空が描く三角」をクリックすると目次が表示されます。

  脱出作戦

 連絡通路とのハッチを開いた時、思った以上の浸水があった。急いで、A棟側のハッチを開いて、A棟側に海水を逃がした。ドクター以外の四人で、A棟を駆け抜ける。
「おい、交換しときな」と鉄腕が、温水循環装置用のバッテリを投げて寄越した。
 タッカは、指定されたタンクを背負い、バッテリを交換した。予備のタンクは、六本あったが、これで、残るは二本だけとなってしまった。
「よし、行くぞ。アムスとタッカは、水中エレベータの方を頼む。俺達は、浮力嚢を準備する。終わったら、水中電話で呼び出してくれ。ところで、水中エレベータは、どこにあるんだ?」
「ここから、五十メートルくらいです」
「厳しい距離だな。どうするつもりだ?」
「水中エレベータからワイヤーを引っ張って、一番近くのケーブルを持ち上げようと思います」
「分かった。やってくれ。さぁ、行くぞ」
 次々に、開放ハッチに姿を消した。タッカも、それに続いた。
 水中に入ると、鉄腕に合図して、ベルトワイヤと二本の骨材を持って水中エレベータに向かった。今度は、ロープがあったので、呆気なく辿り着いた。
 早速、持ってきた骨材を、水中エレベータのフレームの上端に括り付け始めた。それが終わると、パラシュートを広げた。これは、相当苦労すると思っていたが、空気の八百倍もある海水の抵抗は、少し引っ張っただけでパラシュートを簡単に開かせた。思ったより苦労したのは、パラシュートを骨材に固定する方だった。直ぐにロープが絡まり、思うようにならない。
 ポンと、肩を叩かれた。振り向かなくても、鉄腕だと分かった。鉄腕は、ケーブルと水中エレベータのフレームとの間を、ケプラー系繊維で作られたベルトワイヤで繋ぐ作業をしていた。それが終わり、タッカを手伝いに来てくれたのだ。この環境下では、作業効率の面で、彼には敵わない。
 鉄腕の手を借りて、パラシュートの固定が終わった。
 一旦、水中エレベータに入り、水素ガスボンベを一個だけ持ち出した。バルブを捻り、パラシュートの中に水素ガスを放出した。パラシュートは、準備中の熱気球のように、水素ガスを溜めて膨らんでいった。
 そうかぁ!
 少し膨らんだところで、慌てて水素ガスの放出を止めた。
 パラシュートは、左右に広がるように、中央が持ち上がっている。でも、水素ガスをため込んでいくと、パラシュートの両翼が広がりきらない内に、中央の縁からガスが漏れて行く。これでは、十分な浮力を得られない。パラシュートの浮力を最大にするためには、全体が同じ高さになっていなければならない。
 鉄腕に身振りで示し、ロープの長さを調整した。
「こちらは、準備が完了しました」
 水中無線で、呼び掛けた。
「よし、実行に移してくれ」
 タッカは、水中エレベータに入り、中にある総ての水素ボンベのバルブを開いた。ハッチ付近にあった水面は、徐々に下がり始めた。やがて、水中エレベータから漏れ、外壁に沿って気泡となって昇っていく。気泡は、やがて、パラシュートの中に溜り、大きな空気の固まりを作っていった。
 その様子に満足すると、もう一度、水中エレベータに上体を入れ、バラストの全投下レバーを引いた。
 低周波の振動が、足元から伝わり、もうもうと砂煙が上がった。同時に、タッカを残して、水中エレベータが急浮上を始めた。
 水中エレベータから、シャングリラに向かって、一直線に砂煙が上がった。ベルトワイヤが上げる砂煙だった。
 タッカは、鉄腕と共に、急いでシャングリラに戻った。シャングリラまで戻った所で、酸素の残量を見た。まだ、半分以上ある。
 シャングリラでは、水中エレベータの浮力の程度を見ていた。
 ケーブル・ステーション側からケーブルが持ち上がり始め、大蛇は、鎌首を持ち上げた。これに合わせ、浮力嚢の一つが膨らまされた。同時に、オコーナー達は、もう一つの浮力嚢の位置の変更を始めた。
 ケーブルの大蛇は、やがて龍になり、天の暗闇に頭を消した。
 二つ目の浮力嚢も膨らまされ、天に昇る勢いが増した。
 水中エレベータは、恐らく二百メートルは、浮上しているだろう。水圧は、20%減り、容積は25%増えているだろう。パラシュートも、半分以上に空気が溜まり、浮力は二トン近くなっている筈だ。一つ目の浮力嚢も、百メートル以上、浮上した筈だ。
 暗闇の天井に向かって、垂直に昇っていくケーブルは、良く見ていないと、天井からぶら下がって揺れているだけのように見えてしまう。滑らかな表面が、五人のヘッドライトに照らされて、ぬらぬらと光っている。
 一瞬、ケーブルの表面を黒い影が垂直に走った。ケーブル表面の引っ掻き傷らしい。あっと言う間に、ヘッドライトも届かない暗闇の天井に、吸い込まれていった。
 突然、激しくきしむ音に続いて、水中で大鐘を鳴らすような振動を感じた。
「まずい!」
 水中電話から、悲鳴のような叫びが流れてきた。見ると、ケーブルは垂直に立ったまま、動かなくなっていた。
 ケーブルの下端へと視線を走らすと、緊急脱出球に巻き付き、動かなくなったケーブルがあった。
「全員、戻れ!」
 オコーナーの命令で、タッカと鉄腕は、開放ハッチを目指した。

       < 次章へ >              < 目次へ > 

 もう爆弾を見つけているだろうと、右舷ウィングに身を乗り出した。しかし、まだ、見付かっていなかった。
 ユカリは、ゾディアックと環境保護団体の船を見た。不思議な事に、ゾディアックは、船には戻らず、その向こう側へと走っていった。
 なぜ?
 そして気付いた。
「船長! みんなを船に戻して下さい。そして、全速で、この海域を逃げて下さい。早く!」
 怪訝な表情を浮かべた船長だが、疑問を挟まなかった。
「総員、帰船せよ! 定点維持システム停止! 全員が戻り次第、両舷全速!」
 船長は、ユカリの顔を見た。
「どういうことですか? 爆弾は探さなくていいのですか?」
「あの船を見ていて下さい。もうすぐ、雷撃を受けて、沈没しますから」
 船長は、驚いて環境保護団体の船を見た。船は、何の変化も無かった。
「私達が爆弾を探し始めた時、彼等は戻ってきませんでした。爆弾があるなら、爆発までの間、射程距離ギリギリの場所で、牽制する筈です。でも、しなかった。おまけに、彼等は船に戻らなかった。おそらく、潜水艦が来ていて、それに乗り移るんでしょう。それなら、証拠になりそうな二隻を雷撃で沈め、誰にも見られずに撤退できます」
「つまり、相手はロシア?」
「断定できませんし、断定する必要もありません。今は逃げるだけです」
 船長は、少し考えていた。
「総員、戻りました」
「両舷全速。アクティブ・ソナー、最大出力。打て! 潜水艦を発見したら、位置を報告せよ」
 船長は、原則禁止されているアクティブ・ソナーを打った。
「潜水艦、発見。位置、五時の方向。距離、一海里」
 右舷後方だった。ほぼ、環境保護団体の船の向こう側だ。
「船長、あの船を楯にしましょう。位置から見て、まずあの船を沈める筈です。あの船が雷撃を受けたら、その騒音に紛れて、潜水艦の真上に出るのです。潜水艦の真上なら、魚雷の安全距離を確保できません」
「緊急浮上して、体当たりをする可能性があるぞ」
「躱すしかありません。アクティブ・ソナーを連射して、僅かな動きも見逃さないようにしましょう」
「面舵一杯、あの船の左舷に付けるぞ」
 船長は、返事もせずに操船の指示を出した。
「全員をボートで脱出させる方法は、考えられませんか?」
「そんな事をしたら、下の七人が助からないわ」
「七人?」
 船長に、タッカが救出に向かった事を、順を追って説明した。
「救出可能ですか?」
「彼は、天才です。彼なら、絶対にやり遂げます。だから、行かせたのです」
「天才をもってして、天才と呼ばせる男ですか。頼もしいですな」
「彼は、自分の才能に気付いていません。遅咲きなのです。これから先、次々に仕事を為し得ていくでしょう。今回の救出だって、私より確率が遥かに高いと思ったから、彼に行かせたのです。パイロットにしておくのは、惜しいくらいです。でも、パイロットの腕も、中々のものです。機長になれる技量は備えています。波に慣れれば、No1の機長になると思います」
「そうですか。確かに、肝の据わっている雰囲気を持っていましたな」
 船長は、感心した。
 その船長の腕も確かで、きっちり環境保護団体の監視船に付けた。支援船の方が大きいので、斜めにして監視船の陰に隠し、雷撃と同時に飛び出す構えを取った。目の前には、監視船があった。しかし、船舶レーダーには、ほとんど船影がなかった。
「潜水艦は、浮上して収容したのでしょうか?」
「おそらく、あの船の直ぐ脇に浮上したと思います。そうすれば、監視船のエコーに隠れる形になって、余程近くないと、レーダーには映らないでしょうから」
 船長も、納得した。
「水質調査用のブイが有りますよね。あれって、ソノブイに似てると思いませんか」
 何の脈絡もなく、ユカリが言い出した事に、船長は怪訝な表情を見せた。
「似てるには似てるが、聴音ソナーなんか備えていませんよ」
 ユカリには、考えがあった。形状さえ、ソノブイに似ていればよかった。
「いいんです。聴音ソナーは、音を出しませんから、着水音さえ似てればいいんです」
 ユカリの意図を理解したらしく、船長は水質調査用のブイを全て掻き集めさせ、船員も二名を貸してくれた。ユカリは、掻き集められた水質調査用ブイと、一緒にゾディアックに乗り込んだ。
 波に煽られて大きなピッチングを繰り返すゾディアックの舳先に立ち、ロープ一本で体のバランスを取りながら、ユカリは、ダーウィンを振り返った。
 潜水艦は、とうの昔に収容を終えて潜航し、雷撃ポジションに移動し終わっている頃だろう。いつ、監視船を攻撃しても、不思議はない。ユカリは、それが気になり、ダーウィンと、その向こうにある監視船を見続けた。
 腹に響く轟音が響いた。
 環境保護団体の監視船の反対側で、マストより高い水柱が立ち上がった。爆発による振動が、ダーウィンを震わせ、船橋の窓ガラスが何枚か割れて飛び散った。
 船長の号令で、ダーウィンは急加速を始めた。速度が上がる前に、もう一度、大きな爆発音が轟き、監視船は、二つに折れた。ダーウィンが、監視船の横から飛び出す時には、監視船は船首の一部を海面に残すだけだった。
 ダーウィンの速力は、最大で二十ノットだ。海が荒れ始めているから、そこまでの速力が出ない可能性もある。潜水艦は、三十ノット以上出る。簡単に振り切られる速度差だ。でも、潜水艦が、ダーウィンを引き離した上で旋回して、安全距離外から魚雷を発射するには、五海里は引き離さないと無理だ。だが、三十分有れば、それが可能になる。
 ユカリは、S-2Rに急いだ。わずか、四海里が遠く感じた。
 ユカリは、潜水艦の艦長の気持ちになって考えた。
 艦長が最も嫌がるのは、ソノブイによる対潜哨戒と雷撃だ。潜水艦の長所は、敵から見えない隠密性にある。だから、ソノブイ等で、敵に見付かる事を極度に恐れる。だが、相手がダーウィンだけなら、反撃の恐れがない分、大胆な行動に出る事ができる。本来なら、敵に発見され易い全速力も、相手がダーウィンなら、平気で使うだろう。それだけに、早く行動を起こさなければ、非常に危険だ。
 S-2Rに乗り移ると、ユカリは直ぐにAPUを始動し、離水のチェックリストを始めた。チェックリストが完了すると、水質調査用ブイと一緒に船員が転がり込むのを待った。後部からOKの声が掛かると同時に、離水のための滑水を始めた。離水後は、超低空、超低速で、潜水艦に向かった。
「場所は、どこですか?」
 無線で、位置を確認する。ダーウィンは、アクティブ・ソナーを打ち鳴らし、潜水艦を追走していた。
「本船の前方、三海里です。全速で、距離を取ろうとしているようです」
 潜水艦は、全速で航行中は、パッシブ・ソナーが使えない。今、ブイを投下しても、彼等は、気が付かない。最も効果的なタイミングでブイを投下し、対潜哨戒機が居ると、敵に勘違いさせなければならない。
「了解。逆方向に逃げて下さい。それが、一番効果的です。パッシブ・ソナーで、潜水艦の位置と方向だけ、確認して下さい」
「了解。こちらから、コーストガードにも、潜水艦らしきものを発見と報告しておいた」
 潜水艦は、ダーウィンが転進したとは知らずに、全速航行をしている。頃合いを見計らって、振り返ったら、ダーウィンは遠くに下がっていて、しかも、目の前にブイが投下される。当然、アメリカ海軍の対潜哨戒機が来たと思う筈だ。
 それが、狙い目だ。
「潜水艦が、速度を落とし始めました」
 離水から二十分後の事だった。
「了解。直ちにブイを投下します」
 ユカリは、大きな円を描くコースに機首を向けた。対潜哨戒機が、ブイを投下する際、目標物を取り囲むように、円形にブイを投下していく。それを真似たコースを飛ぶ。
 できるだけ効果的に投下するため、彼等の前に投下円が来るように、慎重にコースを選択する。
「投下準備。…………投下」
 後ろで、開け放った扉から、手でブイを投下している。正確に時間を計り、投下の指示を出す。速力は、最低限度一杯の五十ノットだ。本物の聴音ブイは、パラシュートが付いていて、着水時の速度は大きくない。それを真似るのだから、できる限りの低空を、できる限りの低速で飛ばなければならない。
 予定の本数を投下し終わると、燃料消費の多い超低速飛行をやめて、加速する。本当なら、着水して、アクティブ・ソナーを打ちたい所だが、そんな事をすれば、こちらのトリックがばれてしまう。
 下りたい衝動を押さえ、上空待機飛行を続ける。潜水艦発射の対空ミサイルを警戒し、充分な距離を取りつつ、いつでも着水できるように低空飛行を続けた。
 タイミング良く、ダーウィンから無線が入った。
「こちら、ダーウィン。潜水艦は、動いていないか、微速で移動しているようです。パッシブ・ソナーでは、探知できません」
 取り敢えず、安全になったのだろうか。
 自信が無い。
 アクティブ・ソナーを打ちたい。
 潜水艦は、ロシア海軍のものだろう。ならば、出来るだけ早く外洋に出たいだろう。それを基に、潜水艦の位置を予想してみた。やはり、南西方向の可能性が高い。
 機首を南西に向けた。
「ブイは、いくつ残ってますか?」
「五個です」
 五個なら、彼等の通った後を塞ぐように一直線に落とし、追い立てるのがいい。
 海面すれすれまで下りると、BLCを動作させて五十ノットまで減速した。そして、一定の間隔を置いて、直線的にブイを投下させた。
「ダーウィン。ブイは、全部投下しました。念のため、一度、アクティブ・ソナーを打ってみて下さい」
 ホワイトノイズだけが、返ってきた。まさか、雷撃を受けたのでは。
 一気に上昇して、ダーウィンを探した。
「こちら、ダーウィン」
 曇天を映し込んだ灰色の海面にダーウィンを見つけるのと、無線が入るのとが、ほとんど同時だった。
「潜水艦は、八時の方向、距離は、十六海里です。ドップラー効果からみて、遠ざかりつつありのは、間違い有りません。もう攻撃してくる事はなさそうです」
 向こうの艦長の発想のセンスは、大した事がなかったらしい。上手く騙す事ができ、正直、ほっとした。
「了解。これから帰還します」
 ユカリは、降下させると、ダーウィンの風下側に着水した。

       < 次章へ >              < 目次へ > 

↑このページのトップヘ