伊牟ちゃんの筆箱

 詩 小説 推理 SF

「海と空が描く三角」の連載を始めました。
カテゴリーから「海と空が描く三角」をクリックすると目次が表示されます。

 到着の報告が終わり、ロッカーで着替えを済ませると、空港内の喫茶店に急いだ。急ぎながら、途中の花屋で奇麗にラッピングした花束を二つ買った。
 駐機スポットに面した喫茶店は、空港ロビーとの間をプランターで仕切ってあるだけで、開放感に溢れている。駐機スポット側は、床から天井まで届く大きなガラス窓になっている。大きな窓越しに見えるスポットには、まだ日陰になって朝日から逃れているS-2が数機見える。スポットの向こうは、どこまでも続くメキシコ湾の蒼い海原だ。
 メキシコ湾は、湾と言ってもハリケーンが来襲する外洋だから、従来のメガフロートのようなポンツーン方式では、ハリケーンの波浪には到底耐えられない。そのため、アクアシティは、半潜水式、通称S.S.M.P.と呼ばれる構造を採用している。これは、浮力の大部分を波浪の影響をほとんど受けない水深十メートル以下に置いた浮体でまかない、主要構造物を長さ二十五メートルの柱で海面上十五メートルの位置に支持する構造だ。
 アクアシティを訪れる観光客は、ここの磯の臭いを嗅いで、「やっぱり、海だねぇ」と感激する。それを横目で見ながら、住人は苦笑いするのだ。なぜなら、磯の臭いは海岸に打ち上げられた魚介類の死骸の腐敗臭なのだ。こんな沖合いでは、磯の臭いがしないものなのだ。船乗り達は、磯の臭いを嗅ぐと陸に戻ってきたと思うほどだ。
 実は、アクアシティの磯の臭いは、数百本の脚柱に住み着いた貝の表面にこびり付いた魚介類の死骸から発しているのだ。ただ、船乗りが多いアクアシティの住人は、この磯の臭いがあるお陰で、仕事から帰ってきた時に安心感を得ている面もある。
 数百本の脚柱を持つSSMP構造は、タッカ達パイロットにとっては、斜度五度、長さ二百三十メートルにもなるスロープを使って海面上二十メートルのデッキまで上り下りしなければならない厄介な構造でもある。だから、機長はタッカに操縦させた。あのスロープを登るのは、事実上、副操縦士の仕事になっていた。
 百メートルもあれば楽に離着水できる優れた性能を持つS-2のパイロット達は、離着水時の滑水距離の二倍にも及ぶ長いスロープを忌み嫌う。特に、スロープを登る仕事を仰せつかる副操縦士にとって、正に恨み坂だった。
 そのスロープは、ここからは見えない。
 視線を、喫茶店の中に向けた。
 一目で見渡せる明るい店内には、早朝にも関わらず、十数人のビジネスマンが軽い朝食を摂りながら、ある者はパソコンを、またある者は書類を開き、顔をしかめていた。
 その中で二人を探した。ショートカットでイギリス人とのクォーターのユカリと、ジュニアヘビー級のプロレスラー並の頑強な肉体を持つ鉄腕だから、このくらいの数の客でもよく目立つ。
 花屋に寄ったものだから、思った通り二人は先に着いていた。
 二人は、話に華を咲かせていた。
「お待たせ」
 二人は、示し合わせていたかのように揃って振り返った。
「女の子を待たせるとは、どういう事なの!」
 ユカリは、いきなり憎まれ口を叩いた。
 憎まれ口を叩きながら、屈託の無い笑顔を見せていた。
 ハワイからここまでの風向きが悪く、予定より二十分くらい到着時刻が遅くなったのだが、パイロットのユカリにはそれもお見通しの筈だ。その上で、この憎まれ口なのだ。
 だから、違う言い訳で切り替えした。
「ユカリがいつも遅れてくるから、それに合わせたんだよ」
 そう。彼女は、決まって十五分くらい遅れてくる。
「何、言ってるの。あなたが女の子を待たせないで済むように、気を使って少しだけ遅れてきてあげてんじゃない」
 へぇ、女の子ってそんなところに気を使うんだ。と、タッカは妙なところに感心した。
「あなたと違って、鉄腕はちゃんと先に来て待っててくれてたわよ」
 鉄腕はマメな男だから、ユカリの言う通りちゃんと来ていたのだろう。
 ユカリの憎まれ口の相手を止め、タッカは花束を差し出した。
「ほい、これは鉄腕。そして、こっちはユカリ」
 花束を受け取りながら、二人とも意味が分からず、きょとんとしている。
「早く受け取れよ」
 目をくりくりさせながら、またユカリが口火を切った。
「今日は、鉄腕の壮行会じゃなかったの?」
「そうだよ。ついでに、ユカリの機長昇進祝いも兼ねる事になった」
 鉄腕が目を丸くして、ユカリの顔を見た。
「へぇ、もう機長かい。凄いなぁ」
 鉄腕は、感嘆の声を上げた。
「鉄腕も、凄いじゃない。水素潜水試験のスタッフとして、千メートルまで潜るのでしょう。選りすぐりのエリート集団に、最年少で選ばれたんだもの」
 鉄腕も、満更でもなさそうだ。
 傍で見ていても感心する程、彼が懸命に努力を重ねてきたのを、タッカもユカリも知っている。
 鉄腕も才気に溢れた男だ。高校時代、タッカが常にナンバー2だったように、鉄腕はいつもナンバー3だった。正真正銘の天才女性と、天才だと己惚れていた男が居なければ、鉄腕はナンバー1だった。そいつが人並外れた努力をしているんだ。これくらいの結果があっても、当然の事だ。それ以上に、鉄腕の頑張りに結果が出た事が、タッカは自分の事のように嬉しかった。
 水素潜水は、ヘリウム潜水の限界である水深五百メートルを越えて潜水するために、加圧用ガスを水素ガスに変えた潜水方法だ。
 研究が始まったのは、一九七〇年代の半ば頃だ。アクアシティは、四半世紀も遅れて研究を開始したが、二十年以上に及ぶ動物実験を経て、世界に先駆けて実用化実験を始めたのだ。昨年からの地上の高圧タンクでの試験も無事に終わり、鉄腕達は、実際の海洋で初めて実験を実施する事になった。
「俺だけ、籠の外さ。今日も、着水の美味しいところは操縦させてもらえなかった」
 思い出すだけで、タッカは腹が立った。美味しい部分だけ、機長に持っていかれたのだから。ケーキのクリームを取り上げられ、土台のスポンジケーキだけ食べさせられたような気分だ。特に、あのスロープを操縦させられたのだ。いつもの事とは言え、余計にムカついた。

       < 次章へ >              < 目次へ > 

  アクアシティ

 フロリダ半島のセントピーターズバーグから西へ百キロのメキシコ湾、上空四千フィート。
 フロリダ半島の方から昇り始めた太陽が、青空を明るくしていた。快晴の空の色を映し込んだ真っ青な洋上には、こんな早朝にも関わらず、変わった形の数隻の漁船が、自動化された漁獲装置で、操業をしている。
 この辺りの海域は、半径五十海里にわたって、海洋牧場の実証実験場に指定されている。その中央に、海上都市、アクアシティが浮かんでいる。
 アクアシティは、千メートル四方の四角い浮体構造物が、田の字型に四ブロック並んでいる。四ブロック目は、まだ工事中だが、浮体部分は、既に完成しているようだ。これが完成すると、人口五万人の海上都市が生まれる。
(ここが、俺の家だ)
 タッカは、この特徴的な建造物を空から見る度に、そう思うのだった。
 特に、今回のような長距離を飛んできた際には、ここの海は、タッカを和ませた。今回の勤務では、一週間に、四万キロ近い飛行をこなした。そして、昨夜、ホノルル空港を飛び立ち、九時間に及ぶ最後の飛行の末、漸く帰ってきた。
 タッカは、機をアクアシティに向け、最終の着水態勢に向けて、飛ばした。
 アクアシティの白く巨大な構造物が、進入路の右手に見える。近付くにつれ、巨大さを増し、右側面の窓一杯に広がる。数百本の円筒柱で海面上十五メートルの高さに支持された構造物は、さしずめ、巨大なICチップのように見える。
「AAL一一三便。着水を許可する。滑水路は、31を使用の事。波高、二フィート」
 機長が、着水許可を取ったので、このまま俺の操縦で着水させてくれるのだろうと、タッカは思っていた。波高も二フィートしかなく、技術的には、何ら難しいところはなかった。
 だが、機長席から、操縦を替わるように、声が掛かった。
「I have control」
「You have control」
 タッカは、機長が操縦輪を握った事を確認し、そっと手を放した。
 本名は、高木 大。
 だけど、親友の鉄腕が呼び習わした「タッカ」の方が、ここでも通用した。
「着水時のランディングチェック」
 チェックリストを開いた。
「ランディングモードスイッチ」
「モードスイッチ、マリン、OK」
 タッカが乗る機体、S-2は、水陸両用ジェット飛行艇だ。陸上に着陸する事も、海上に着水する事もできる。着陸と着水では、操作が異なる。そのため、それをバックアップし、誤操作時に警報を鳴らして知らせるコンピュータのモードを、着陸時と着水時では切り替える必要がある。モードスイッチは、チェックリストの冒頭にある。
 タッカは、モードスイッチを着水モードに切り替えた。
 機長は、フラップ角を指示し、それを復唱しながら、フラップを下げていく。
「APU、始動」
 これからが、S-2の着水の本番だ。世界に四機種しかない、補助動力を使用する高揚力装置が、仕事を始める。
 タッカが、APUの起動スイッチをオンにした。間も無く、APUの運転ランプがグリーンになった。通常機と異なり、S-2は、滞空中にAPUを起動する。S-2のAPUは、BLC用の高圧空気を作る役割を兼ねるためだ。
「APU始動、OK。出力制御モード、オート」
 機長の指示は続く。
「ASE、オン」
「ASE、オン、OK」
 S-2シリーズは、ASE(自動安定装置)を装備し、超低速時の水平尾翼と垂直尾翼の舵の利きを維持している。これの作動状態は、重要だ。そして、もう一つのアイテムが、推力自動制御装置だ。
「フラップ四〇、BLC、オン」
「推力自動制御装置がオフですが」
 BLC(境界層制御)をオンにした際に、抵抗が急激に大きくなるので、これを自動制御する推力自動制御装置が備えられている。それが、オフなのだ。
「オフの方が、やり易い」
 機長は、皆、そう言うのだ。
 実際には、BLCをオンにすると、抵抗が増えるだけでなく、バックサイドと呼ばれる通常の航空機が使用できない特殊な空力特性域を使って操縦するので、スロットル操作が非常に難しくなる。
 バックサイド領域は、速度が落ちるほど推力を必要とするようになる。この領域では、スロットルを一定にしていると、どんどん加速するか、どんどん減速して失速するかのどちらかである。常にスロットルを調整していないと、真っ当に飛ぶ事さえできない。だから、パイロットの負担を減らすために、推力自動制御装置が備えられている。
 だが、タッカの知る範囲の機長は、装置を信頼できないのか、それとも腕に覚えがあるのか、誰もが、オフのまま着水するのだ。
 通常の固定翼機とは異なり、S-2シリーズのフラップレバーは、四十度の所にクランクゲートがある。零度から四十度まで縦に操作する点は、通常の固定翼機と同じだが、S-2は、四十度で右にクランクが切られていて、更に、そこから下へ八十度まで、フラップを下げられる。
 タッカは、フラップレバーを四十度で右に寄せて、BLCをオンにした。
「BLCオン、OK」
 タッカがそう言うと、機長は軽く操縦輪を引き、バックサイド領域に入れた。直ぐ様、右手がスロットルレバーを押し込み、パワーを入れる。
 機長は、右手で微妙なスロットル操作をしながら、左手一本で、S-2C水陸両用飛行艇を操る。タッカに残された仕事は、フラップを八十度まで順次下ろす事と、対水面平均高度を読み上げるくらいになった。
 慣れたもので、「五十ノット」と速度計を読んだのと、機長が指定された滑水路に着水させたは、ほとんど同時だった。
 この辺りは、エアフェンスが張り巡らされている関係で、波はほとんど立たない。波高三メートル以上でも着水できるS-2の着水性能をもってすれば、ここの波は無いに等しかった。
 機体が滑水路から誘導水路に移ると、機長は、またタッカに操縦を任せた。その理由は気付いていたが、仕方ないと諦めた。
 手が空いた機長は、気楽に話し掛けてきた。
「ユカリは、凄いな。機長への昇格が決まったよ。俺はなぁ、彼女の事を、周りが天才、天才と囃し立ててるだけで、社長令嬢という親の七光りだと思っていた」
 機長は、外に注意を払いながら、タッカを見た。
 S-2の機長になるには、平均で十四年、最短でも十年のキャリアが必要だ。それを、彼女は八年足らずでやってのけた。いくつもの特例をクリアし、彼女の強い立場も利用しての最短記録だった。
「ところが、一緒に飛んでみると、人間的にもジェントルと言うか、レディと言うか、高慢さとは無縁の好人物だった。昇格審査の時に彼女の能力の詳細なデータを見たが、頭脳や運動能力は、タッカよ、お前以外に敵うものは居ないと思ったね」
 鉄腕が付けたタッカのニックネームが、ここアクアシティで通用するようになったのは、ユカリのせいだ。今では、アクアシティ内なら、どこでもタッカで通じる。
 そのアクアシティは、沢木会長が、各国政府に働き掛けていた海洋牧場計画に唯一賛同したアメリカ政府の協力を得て、私財を投じて建設した。ユカリは、沢木会長の孫娘である。彼女の父も、社長として、辣腕をふるっている。
 その彼女とは、パイロットの同期生に当たる。
「腕前なんか、俺以上かもしれん。一度、波高十フィートで着水させてみたが、波の読み方なんかは天才的だった」
 ユカリが天才だなんて、十年前から知っている。
 彼女に出会うまでは、タッカ自身、天才じゃないかと思っていた。
 頭脳明晰、スポーツ万能。
 五十メートル走も、一番早かった。遠投も、一番遠くまで投げた。リトルリーグでは、エースで四番だった。甲子園、甲子園と、周囲に騒がれるのが嫌で、高校ではバレーボールに転向したが、一年からレギュラーで、攻撃の軸に当たるセンタープレーヤーを任された。
 どちらかと言えば理数系を得意にしていたが、中学校までは、苦手な科目を含めて、テストで百点でなかったのは数えるほどだ。通知票は、いつでも最高の評価だった。担任は、「成績が良すぎて、通知票を点けるのに頭を悩まされています」と、母に言ったそうだ。
 何をやっても一番じゃなかった事は無い。唯一、腕相撲だけは鉄腕に一番を譲った。
 ところが、高校一年の九月、ユカリが編入してきた途端、スポーツ以外の総ての一番を彼女に奪われた。いや、男女の体力差を考えると、スポーツも完全に負けていた。
 本物の天才とはこういうものなのだと、彼女に思い知らされた。
「タッカ。同期に先を越されたわけだが、焦るなよ。ユカリは例外だ。ユカリ以外じゃ、俺はお前が一番だと思ってる。もう少し経験を積んだら、俺が機長に推薦してやる。お前は、いいセンスを持っている。頑張れよ」
 誉められたのだから、喜ぶべきなのだろうが、タッカは、素直になれなかった。
「彼女は、潜水艇でも艇長の資格を得たんですよ。もちろん、史上最年少。水上船舶は、とおの昔に船長ですから。そして、今度は俺の専門分野でも先を越していきました」
「お前も、とんでもないのをライバルにしたものだな」
 機長は、カラカラと笑った。
 アクアシティの空港は、四基のブロックの中の西ブロックにある。西ブロックの西角がオープンデッキになっていて、空港として使用されている。駐機スポットは六基しかない小さな空港だが、世界で唯一の飛行艇専用空港だ。また、世界で唯一の浮体構造の空港でもある。
 タッカは、長い長いスロープからデッキへと機体を登らせ、真水のシャワーで機体を洗浄した後、指定の貨物用スポットに停止させた。

       < 次章へ >              < 目次へ > 

↑このページのトップヘ