伊牟ちゃんの筆箱

 詩 小説 推理 SF

「海と空が描く三角」の連載を始めました。
カテゴリーから「海と空が描く三角」をクリックすると目次が表示されます。

 F四Lブロックの中央寄りに、上下を結ぶ階段があった。それを通して、直ぐ下のデッキでも、各部屋のチェックを行っているのか、時々、扉を開閉する音が聞こえてきた。
 階段を通して、こちらが見えないように注意して走り抜ける。
 一体、何人の男達が押し入ってきたのだろう。それに、さっきの自動小銃も気になる。全員が自動小銃で武装しているらしい。自称環境保護団体なのに。武器の準備が良すぎる。
 ユカリが目の前で立ち止まった。彼女の前には、水密ハッチが閉じていた。
「まずいわ。防水指揮所にいれば、水密ハッチの開閉は一目で分かるから、ここを開けられない」
「やつらは、誰かが動いたら直ぐに分かるようにしているのか?」
「そうね。あまり人数がいないのかもしれないわね」
 賛成はできなかった。
 Hデッキの二人の監視に、合流した二人。Fデッキで倒した一人と、気配があったもう一人。更に、Gデッキでも家捜しをしていた二人か三人。防水指揮所でハッチを監視している筈の一人。いや、もっと居るだろう。ハッチが開いた時に、その場に急行するための要因が二人は居る筈だ。合計すると、少なくとも九人。おそらく倍!
「どうする?」
「上に上がるしか、ないわね」
 上にも、奴等がうろついているだろう。ついさっきの事もあって、そんな中を通り抜けたくなかった。だが、ここはユカリに付いて行くしかないと、タッカも諦めた。
 階段まで戻り、上下の様子を探った。物音は、下のデッキからしか聞こえなかった。彼女は、するするっと上のデッキに上り、その先へ姿を消した。タッカも、それに続いた。
 E四のブロックは、E五と繋がる大きな食堂だった。左右も両舷側まで届いている。多目的に使えるようにパーティションで区分けできるようになっていたが、今はだだっ広い一つの部屋になっていた。
 こんな所で奴等に出くわしたら、逃げも隠れも出来ない。だから、彼女ももう姿を消している。タッカも、船尾を目指して広い食堂を駆け抜けた。
 食堂の先の整備場を通り抜けると、開放甲板に出た。目の前には、鉄腕の帰還を待つ船上減圧室が鎮座していた。
(こいつに鉄腕を連れ帰るために、俺はここに居るんだ)
 船上減圧室を見て、タッカはその思いを強くした。
 二人は、舷側に沿ってU字形に張り出しているDデッキの開放甲板の下を慎重に進んだ。そして、Dデッキ下のハッチから、再び船内に入った。
 ハッチの中は直ぐに下り階段になっていて、タンク室に繋がっていた。タンク室は、ヘリウム、水素、酸素の大きな高圧タンクが並び、複雑な配管が巡らされていた。驚かされたのは、タンク室内に充満する轟音と室内とは思えない強い風である。もし水素が漏れた時にも、タンク室内で爆発しないように大容量の換気装置が取り付けられているらしい。
 タンク室は、Fデッキの床を打ち抜いた二層分の高さがあり、Fデッキの高さには、申し訳程度の手摺が付いたキャットウォークが、タンクの隙間を縫うように繋がっていた。
 キャットウォークは、歩き辛かった。靴を脱いでいる足に、キャットウォークの網目が食い込んだ。網目には足の指も挟まりそうで、足元に注意しながら歩いた。靴を履く事も考えたが、盛大な足音が換気装置の轟音を貫いて響きそうで、やめた。
 彼女は、足が痛くないのかと、ふと目を上げると、彼女は、靴を手にしたまま涼しい顔で走り去って行った。慌てて走り出そうとした瞬間、下りてきたハッチが、再び開く音がした。神経が轟音の中に聞こえたその音に集中し、足元への気配りが不足した。
 あっと思った時には、遅かった。爪先が網目に食い込み、大きくバランスを崩した。もう倒れる事は避けられなかった。辛うじて手摺を掴んだ左手と床をついた右手で膝をつく前に体重を支え、最小限の音で転んだ。だが、首に掛けていた靴は、キャットウォークでワンバウンドしてGデッキまで落ちていった。背筋が凍り付いた。靴が床に落ちる音を聞かれたなら、万事休すだ。
 重力が弱くなったのではないかと思うほどゆっくりとGデッキの床に落ちて行く靴を、目で追った。靴紐でお互いに結ばれた靴は、縦に回転しながら落ちて行く。キャットウォークの網目から見える靴が、突然、その運動方向を変えた。床でバウンドしたのだ。今度は、横に回転しながら床を滑るように跳ね、やがて止まった。だが、音は最後まで聞こえなかった。
 換気装置の騒音が、靴が落ちた音を掻き消したのだ。
 靴を取りに行くべきか判断に迷ったが、靴を諦め、大急ぎで彼女の後を追った。靴を取りに行けば、後ろからやってくる奴に見つかる可能性が高いが、靴だけなら見付かる心配は少ない。それに、靴を見つけたところで、誰の物か分かる筈もない。
 無事にタンク室を抜けられた事で、タッカが下した判断に誤りが無かった事を確認した。
 タンク室の次は、大きな倉庫になっていた。ここも吹き抜けで、キャットウォークは壁面に張り付くように配置されていた。
 ユカリは、倉庫の反対側に見える最後のハッチに取り付いていた。タッカは、今し方、通り抜けたハッチをそっと閉め、彼女の所へ急いだ。倉庫には何も無く、タンク室側のハッチを開けば、反対側まで遮る物は何も無いのだ。タンク室に下りてきた奴が、倉庫までくれば隠れるところも無く、最悪は蜂の巣にされてしまう。
 彼女が開けた最後のハッチを走り抜けると、大慌てで閉めた。
「これで、防水指揮所でも、ここに誰かが来た事が分かったでしょう。急ぎましょ。誰かがここに来る前に脱出するのよ」
「心配するな。直ぐ後ろまで来てたさ」
 タッカは、タンク室に降りてきた奴が居る事を伝えた。
 彼女は、にっこり笑うと、太いロープが山積みされた部屋の先にあるハッチを開いて、外に出た。
「S-2Rは左舷側だったわね。何処にあるの」
 彼女は、左舷の舷側から身を乗り出しながら、タッカに言った。
 左舷の薄暗くなり始めた海上を、タッカもS-2Rを捜した。最後にS-2Rを離れた時、その距離は二百メートル以内だった。ただ、風に押されて、もう少し離れているだろう。そう思っていたタッカも、我が目を疑った。同時に、視力の良い彼女が、「何処にあるの」と言った意味を理解した。
 S-4Rは、少なくとも三千メートル以上も離れていた。
「シーアンカーを上げてたでしょう」
 彼女の指摘通りだった。支援船に近付く際に、シーアンカーは巻き上げてあった。そのまま拉致されたから、シーアンカー無しにS-2Rは漂流していた事になる。
 彼女は、付近の海域をさっと眺めた。
 目に見えたのは、右舷三百メートル付近に停泊する環境保護団体の監視船だけだった。乗り込んできた連中が、ここに来る前に乗っていた船だ。
「あっちへ行きましょ」
 彼女は、事も無げにそう言った。
 言い終わった時には、彼女は海に向かって身を躍らせていた。タンク室に入ってきた奴がここに現れそうで、タッカも後れを取るまいと海に入った。
 飛び込んだタッカは、いきなり何か強い流れに捕まった。最初は、支援船を回り込む風潮かと思い、深く潜って船から離れようとしたが、益々強い流れに捕まり、支援船に引き寄せられて行った。この時になって、初めてスクリューに引き寄せられている事に気付いた。
 支援船は、風や潮を受けても海底基地との位置関係を保つように、常にスクリューとスラスターを動かしている。船尾は、モーター内臓の二基のリングスクリューを三百六十度向きを変えながら、船の位置を制御している。そのリングスクリューが、大きな口を開いて待ち構えていた。
 真っ直ぐ逃げても、到底逃げ切れるものではない。真横、それも、風下の左舷に必死に泳いだ。だが、吸い寄せる力が強く、直ぐにリングのエッジに足が当たった。タッカは、体勢を変え、リングの外側のしがみつき、吸い込まれそうになる下半身を必死に支えた。
 リングスクリューは、本来なら左舷斜め前方を向いている筈だった。海に入る前の波の向きは、その方角だった。恐らく、一時的な潮の流れを感知して、ほとんど逆方向に回ってしまったのだろう。だから、ほんの少しの時間を頑張れば、吸い込もうとしているスクリューが次は押し出してくれる筈だった。
 だが、肺にはあまり空気が入っていなかった。飛び込んだら直ぐに浮上するつもりだったから、目いっぱいに空気を吸っていなかった。
 目の前が暗くなり始めた。酸欠の症状だった。飛び込んでから一分も経っていなかった。
(俺の実力なら二分は持ち堪えられる筈なのに、早くも酸欠になり、息苦しさよりも先にブラックアウトが始まるとは)
 情けない気持ちになりながら、タッカは必死に耐えた。だが、命の危機に体が大量の酸素を消費してしまっていた。
 スクリューが反転するが早いか、肺がダウンするのが早いか、最後の勝負だと思った。それでも、スクリューはタッカを吸い続けた。悔しいが、力が尽きかけ、靴を脱いだ爪先をスクリューの羽根が掠めるのを感じた。
 指先の力が抜け、体がずれ始め、強い力で流され始めた。タッカは、覚悟を決め、下半身の何処にスクリューが食い込むのか、最後の瞬間を待ったが、なぜか、体の何処にも衝撃を感じなかった。
 直ぐには、何が起こったのか、理解できなかった。なぜか体は浮き上がり、水面に押し上げられた。潮の流れが変わり、スクリューが反転したのだ。
 タッカは、水面に顔を出し、思い切り呼吸をした。同時に、大慌てで船尾から離れた。

       < 次章へ >              < 目次へ > 

 通気口の中は、予想以上に狭苦しかった。ぎりぎり肩幅と同じ幅しかなく、高さも頭を上げられない程だった。中を流れる緩い風が、海のにおいを運んでくる。その中で、後退り、通気口の網を元に戻してから、ユカリの残り香を追って這い進んでいった。
 しかし、音を立てないように気を使いながら通気口の中を這い進むのは、思いの外、難しかった。靴が壁面を叩く音がするので足は使えず、引き摺るしかない。腕で進む訳だが、高さに余裕が無いので肘を使って進む事が出来ない。結局、両手を前に伸ばし、右手で左の側面、左手で右の側面を押さえて、芋虫のように体を引き寄せて進んだ。だが、一回に進めるのは十五センチ程度で、その割には両方の肩が疲れた。
 彼女の姿は、とっくに見えなくなっていた。水密隔壁があるので、通気口もそんなに遠くまで続いている筈はない。そう信じて、休まずに進み続けた。
 彼女が先に網を外した所まで来て、もぞもぞしながら床に降り立った。ほんの数メートル進んだだけだが、腕が満足に上がらない程、疲れていた。
 彼女はドアの脇に張り付いていたが、タッカの姿を見て通気口の下まで戻ってきた。
「遅いわよ。見つかったらどうするの」
 肩を揉むタッカに、声を潜めながらも彼女は非難の言葉を浴びせてきた。同時に、甘美な香りが鼻を衝いた。
「隙を見て走り抜けようと思ってたけど、無理みたいね。監視役が二人居るわ。二人がそろって余所見するのを待っていたら、明日になっちゃうわ」
 やれやれ、また通気口に戻るのかと、タッカは思った。
 思った通り、彼女は吸い込まれるように通気口に消えた。タッカも、その後に続いて通気口に体を入れると、元の通りに直すために網を引き寄せた。
 タッカが網のネジの一本目を締め始めた時、がちゃりと音がして扉が開いた。急いで顔を伏せると同時に網に掛けていた左手を引いて、右手の指先だけでネジを摘んで網を支えた。
 監視役の男がこの部屋の様子を見に来た事は、明らかだった。男は、テーブルと椅子しかない部屋を見回していたが、しばらくして鼻をヒクヒクさせ始めた。
 あっ!
 タッカは、心の中で叫んだ。彼女の残り香に、男が気付いたのだ。
 男は、通気口の下まで来ると、銃口で網を突付いた。ガシャンという音と共に、衝撃が、右手の指先に響いた。危うく指が滑りそうになったが、必死に指先に力を込めて、ネジを摘み続ける。
 早く部屋を出て行ってくれ。
 指先が痺れてきた。腕も引き攣りそうで、震えがきていた。そっと左手を右手に乗せ、震えを押さえつけた。
「へへへ、ここか」と言うと、また銃口で網を突き上げた。
 心臓が止まった。男の位置からは姿は一切見えない筈だが、網の異変に気付いて、タッカかユカリの存在に気付いたのかもしれない。手を上げて投降するべきか、このまま隠れて男が乱射する銃弾で蜂の巣になるか、タッカは迷った。だが、男は「ここか」とは言ったが、出てこいとは言っていない。
 じっと我慢して様子を見ていると、男は直ぐに部屋を出て行った。男は、隣室の女性を閉じ込めている部屋から女性の匂いが通気口を通して漂ってきていると、勘違いしたらしい。
 男が部屋を出た隙に網を固定するネジを止めて、ユカリの後を追った。
 暫く進むと、垂直の配管部に突き当たった。
「遅い。下に降りてきなさい」
 T字を横にした形の通気口は、下に降りようにも、体勢を整えるのが難しかった。一旦、通気口の上に向かって体を引き寄せ、体を右に左に捩りながら、苦労して垂直の通気口に体を入れた。今度は、両手両足で壁を突っ張りながら、ゆっくりと下に滑り落りて行った。
 これで、Iデッキの天井裏に出た事になる。
 そこでL字型にダクトは曲がっていたが、五十センチ程先にある網が既に外されていて、そこに足を投げ出すようにして床に降り立った。
 その場所は、廊下の真ん中だった。
 廊下の影でユカリが手招きしていたが、通気口の網が開いたままでは直ぐに居場所を知られてしまうので、急いで網を元に戻した。
「本当に遅いわね。今度遅れたら、置いて行くからね」
 そんな憎まれ口さえ気にしていらない程、腕や指先が痛んでいた。
 現在位置は、I三Rだろう。このデッキには、リフレッシュ用にジムやサウナ等があったが、とてもリフレッシュする気持ちにはなれない。この真上には、自動小銃を持った監視が二人居る。だから、上のデッキに繋がる階段まで来た時に、ユカリはそっと上の様子を伺った。そして、安全を確かめると、左舷側に走り抜けた。タッカも、それに続いた。
 I三Lで階段の下まで来た時に、ふと背後のエレベータに目が行った。その表示板から、エレベータがEデッキからFデッキに下りてくるところだった。タッカは、ぎょっとなった。階段は狭くて急だが、エレベータの真正面を一直線に登っている。
 タッカは、エレベータの表示を凝視し、いつでもHデッキに駆け上がれるように構えた。そして、足音がしないように靴を脱ぎ、靴紐で両方を繋ぎ合わせて首にかけた。
 エレベータの表示は、ゆっくりと進む。Fデッキに止まったのではないかと思うほど、表示は変わらなかったが、やがて表示はGデッキになり、Hデッキに下りた。今度こそ、止まったかと思われた。
 階段の真下に居る二人から、Hデッキを望める。逆に言えば、上からも見下ろせる。Hデッキで誰かが降りたなら、どこか物陰に身を隠さなければならない。身を隠す場所をさっと目で探した。
 一瞬の隙を突くかのように、ユカリが猛然と奪取してHデッキに駆け上がった。その意味を頭より先に体が理解し、エレベータの表示には目もくれずにHデッキに駆け上がった。階段を半分くらい上がった所で、下からエレベータの到着を知らせるチャイムが聞こえた。後ろを確認したい気持ちを押さえ、二段飛ばしで必死で駆け上がっていく。
 こんな時の時間が経つのは遅く、Hデッキも遠かった。段数はわずか十二段しかないのに、最後の一歩が遠くて仕方が無い。Hデッキに片足が届くと同時に、体を横に投げ出して、下の連中の視界から姿を隠すようにした。そして、息を止め気配を消した。
 Iデッキには、二人が下りてきた事が、連中の駄弁りで分かった。
 這うようにその場を離れると、急いでGデッキに駆け上がった。
 ユカリは、Fデッキに上がった所で立ち止まった。
「さっき、ここで誰か降りたみたいだから、気を付けてね」
「連中、ここから乗ってきたんじゃないのか」
「用心に超した事はないわ」
 彼女は、角毎にその先の様子を探りながら、進んでいく。後ろを警戒しながら、彼女のケツを追った。我ながら情けない情景だと、タッカは思った。
 船員の居住区は、長い真っ直ぐな廊下に対して十字に交差する短い廊下があり、その廊下の左右に四室ずつ部屋が並んでいる。それを十字毎に安全を確認しながら、先へ進んでいく。
 F三LブロックからF四Lブロックに入った最初の十字路に身を潜めて、先の様子を伺っている時、次の十字路に人の気配を感じたらしく、彼女は少し体を下げた。ほとんど同時に、背後の船員居室の一つのドアノブが動いた。タッカは、彼女を抱えて別の部屋に飛び込んで隠れた。
「誰か残っていないか、全ての部屋を確認しているのね」
「ここは終わったのかな」
「隙を見て飛び出すわよ」
 彼女は、ほんの少しだけ扉を開け、外の様子を覗っていた。そして、風のように廊下に飛び出し、音も無く走り去った。余りの素早さに、タッカは一緒に飛び出すタイミングを失った。仕方なく、また扉を薄く開け、外の様子を探った。
 男は、タッカの居る部屋の方に近付いてきていた。彼女が出て行った時の気配を感じたのだろうか。それとも、タッカが開けた扉に気付いたのか。
 部屋の中に隠れるところを探した。しかし、畳二枚分程度の狭い居室には、目の高さにあるベッドと、その下の机と収納、そして狭い部屋には似合わない大きな書棚があるだけだった。最後に残った扉の陰に隠れた。運良く、奴が銃を先に見せたら、銃を奪い取ろうと、構えた。
 足音が聞こえてきた。扉の直ぐ前まで来ているのが、足音で分かった。息を殺して、奴が扉を開けるのを待った。心臓の鼓動が、奴に聞こえそうなくらいばくばくと打ち続けた。
 ところが、男は扉の前で立ち止まると、すっと扉を閉めてしまった。そして、大きな足音を立てて立ち去った。暫く様子を見たが、先に出た彼女が心配になり、タッカは中腰になって、そっと扉を開けた。その途端、扉は勢い良く全開になった。
 最初は何が起こったのか、さっぱりわからなかった。扉が勝手に開く筈はない。何事かと見上げると、男が目の前に銃を構えて立っていた。
 手を上げ、恐る恐る立ち上がった。これで、男が銃を降ろしてくれる事を期待したのだが、男は今にも引き金を引きそうな雰囲気のままだった。本気だろうかと訝りながら、タッカはゆっくりと後退った。
 不意に、やつは横を向いた。そして、慌てて銃をそちらに向けようとした。
 チャンスだった。
 銃身を両手で鷲掴みにして、銃口を斜め上に逸らしながら、思いっきり押した。銃尻は、男の右肩に食い込んだ。だが、それよりもずっと早く、ユカリの足刀が男の首を捕らえていた。男は、呆気なく崩れ落ちた。
「部屋に引き入れて、ベッドに寝かせて」
 彼女の指示通りに、男を部屋の中まで引き摺った。態勢を立て直すと、男を肩に担ぎ、二段ベッドの上段と同じくらいの高さのベッドに頭から押し込んだ。
「それを置いていくのか?」
 彼女は、男が持っていた銃を、態々に男の手に握らせていた。
「貴方はダイハードをしたいの? それとも鉄腕を助けたいの?」
 答えられなかった。
「銃を持って行っても、人を殺す事以外に使い道はないのよ。人殺しをしたいの?」
 護身用にと安易に考えていたタッカは、ショックを受けた。
 彼女が言う通り、相手を殺す事しか出来ない道具で護身するという事は、人殺しをして自分だけ助かろうとする事だと、思い知らされた。それ以上に、銃を持っているもの同士が出会えば、威嚇無しに撃ち合う事にもなる。それこそ護身のために。
「急ぎましょ」
 彼女は、男のポケットからトランシーバを抜き取ると、スイッチを切って机の上に丁寧に置いた。そして、さっきと同じ様に、風の如き素早さで部屋を出た。

       < 次章へ >              < 目次へ > 

↑このページのトップヘ