伊牟ちゃんの筆箱

 詩 小説 推理 SF

「海と空が描く三角」の連載を始めました。
カテゴリーから「海と空が描く三角」をクリックすると目次が表示されます。

  海底千メートル

 深海は、どこでも変わらないな。
 当初の予定よりも早くクリスマスツリーが完成しそうなので、その自信からだろうか、水深が四百メートルでも千メートルでも大差ないなと、鉄腕は思った。
 ドライスーツのヘルメットに取り付けられたヘッドライトで照らされるところ以外は、右を見ても左を見ても真っ暗闇で、水温もほぼ零度だ。ドライスーツでなければ、タイタニックの遭難者達の命を奪ったように、立ち所に凍え死んでしまう程の冷たさだ。
 だが、そんな苛烈な環境だからこそなのだろう。水深が千メートルになっても、水圧以外に違いはないように、鉄腕には思えてしまう。その水圧の違いも、飽和潜水では感じる事はない。
 鉄腕達が組み上げたクリスマスツリーは、メタンハイドレート掘削櫓の別名である。外観が似ているので、そう呼ばれている。ただ、今回は櫓を組むだけで、実際にメタンを採掘するわけではない。
 今回の目的は、海底での作業の効率をクリスマスツリーの作業状況から推定する事にある。そのために、水深百メートルでのクリスマスツリー組み立てを三ヶ月前に実施している。人間の学習能力による数値の向上分を補正するため、この実験の三ヶ月後にも、水深百メートルでのクリスマスツリー組み立てを行う事が決まっている。他の学習能力の検査結果を加味し、水深千メートルでの作業効率の正確な解析が行われる。
 結果がまとまるのは一年先だが、ここまでの状況では素晴らしい結果が出ると、鉄腕は手応えを感じていた。
 マリンスノーが降り頻る中、十五メートルおきにあるガイド灯を頼りに、海底居住基地への帰路に就いた。どんなに強い光源を使っても精々五十メートルしか光が届かない水中は、ヘルメットのヘッドライトが照らし出すマリンスノーと大半を占める闇で構成されていた。
 深海には、まだ知られていない生物が数多く残っているという。その中には、体長十五メートルを超えるダイオウイカも含まれる。
 直径二十五センチもあるという大きな目で獲物が発する微かな光を感じ捕まえるというが、生態は全く分かっていない。ただ、ダイオウイカの天敵である抹香鯨の体に、直径三十センチもあるダイオウイカの吸盤の跡が残っていた事で、抹香鯨との死闘が推測されるだけだ。
 鉄腕は、微かな音を聞き、泳ぐのを止めた。緩い弦を弾くような、継続する低周波の振動だった。
 もしかすると、近くにダイオウイカが居るかもしれないと、冷たい海水と漆黒の闇に包まれた世界で、身が凍り付いた。
 果たして、ダイオウイカが人間を襲うのか、誰にも分からない。ダイオウイカが居る千メートルの海底に生身の人間が来るのは、今回が始めてなのだ。だから、鉄腕自身が最初の犠牲者になる事も、有り得ない事ではない。数メートルにも及ぶ八本の足や二本の触手に捕まれば、絞め殺されてしまうかもしれない。
 鉄腕は、ヘッドライトを海底に向けた。
 足元の海底から、段々と前方へとライトを向けていく。
 さっきの音は何だったのだろう。
 海底には異常がない。空耳だったのだろうか。
 今までこんな事を心配した事は、一度もなかった。クリスマスツリーの完成が見えてきた余裕で、ちょっとした音がしただけで根拠も無く危険を感じてしまうのだろう。
 それでも、注意をするに越した事はない。
 帰路を急ごうと、鉄腕は泳ぎだした。その時、再び音が聞こえてきた。今度は、何かが擦れ合う人工的な激しい騒音だった。一瞬、ダイオウイカが居住区を襲撃したのかとも思ったが、それにしては音が大き過ぎる。音は益々大きくなり、海水と海底を揺さぶる轟音となって、鉄腕の全身を震わせた。
 疑う余地は無かった。
 居住基地で、何かの事故が発生したのだ。原因も、事故内容も、今は分からない。だが、居住基地を守らなければ命が無い事だけは確かだった。
 一瞬の明滅の後、ガイド灯が消えた。
 この騒音が、事故によるものである事が確定した。
 鉄腕は、携帯型のポジショニング・システムを取り出した。海底基地周辺に設置した発信機の音波を受信し、位置を確定する仕組みになっている。予想通り、単独の電源を持つ発信機は、事故後も生きていた。
 鉄腕は、基地へ向かって急いで泳いでいった。

       < 次章へ >              < 目次へ > 

 あまりに腹が立ったので、話題を変えた。
「あっちは、ハリケーン・インディアナだったけ、結構吹き荒れたからな。ハリケーンの間は、支援船も避難していたんだろう?」
「ああ、嵐の間は、アンビリカル・ケーブルを切り離して、支援船のダーウィンは、サンディエゴ港に入っていたんだ」
「じゃあ、ケーブルはどうなったんだい?」
「大型のブイに繋いであるんだ。今朝、ブイからダーウィンに繋ぎ替えたって、連絡があった」
 海面を浮き沈みするブイが、目に浮かんだ。実物を見た訳ではないので、浮かんだ映像が正確かどうかはタッカには分からなかったが、妙にリアルに迫ってくるのだった。
「でも、海底は穏やかなものさ。海上の波の影響は、波長の二分の一の深さまでしか届かないんだ。ハリケーンといっても、波長は百メートルを少し越えるくらいだから、精々六十メートルも潜れば、海上の嵐も関係なくなるのさ」
「深さ千メートルじゃ、嵐が来てても気がつかないかもな」
 鉄腕は、身を乗り出してきた。彼にとっても、今回の実験に参加する事は特別な事なのだろう。
「そうさ、下は別天地。深度千メートルのユートピア」
 いつの間にか、遠くを見詰める目になっている。
「ところで、海底基地には名前が無いのかい?」
「シャングリラ!」
 タッカも、ユカリも、お互いに顔を見合わせた。
「海底のユートピアの名前が、シャングリラか」
「エルドラドじゃ駄目なの?」
 ユカリも、皮肉っぽい笑みを浮かべた。
「いいじゃん。ファーストネームがシャングリラで、ミドルネームがユートピア、ラストネームがエルドラドだ」
 鉄腕は、膨れっ面をした。ごつい体の割には、鉄腕は童顔の方だ。でも、膨れっ面は似合わない。
「で、何日間潜るんだったけ」
「潜るのは、十日間だけなんだけど、船上減圧室で加圧に四日、減圧に三十日掛かるから、一ヶ月半の出張になるな。明日、移動して、明々後日から加圧に入る予定だ」
「減圧は三十日も掛かるの? 毎度の事とは言っても減圧は辛いわね」
 潜水で加圧すると、体内、特に血液中に大気成分が溶け込んでいく。急激に減圧すると、血液中に溶け込んでいた大気成分が気泡になり、毛細血管を塞いで潜水病を引き起こす。これを防ぐため、減圧はゆっくりと行われる。
「減圧は仕方ないとして、加圧にも四日は長いな」
「水素を使うからな。二回に分けて、加圧しなきゃならないんだ。水素の爆発限界は、上限でおよそ98%にもなるんだ。酸素分圧が0.2気圧だとすると、十気圧まで加圧した時でも、水素の割合が98%になるから、これでも爆発してしまうんだ。
 今回は、ヘリウムで四十気圧まで加圧して、一気に水素99.3%と酸素0.7%の部屋に移る事になってる。それに、一度、水素大気に移ってしまうと、ヘリウム大気に戻るにも厄介だから、ヘリウムで四十気圧まで加圧した時点で、二十四時間の観察期間が設けられているんだ。水素で百気圧まで加圧した後も、二十四時間の監査月間を経て、初めて水中エレベータに乗り移るんだ」
 タッカも、最近、ヘリウム潜水のライセンスを取ったので、高圧下の雰囲気というか、圧迫感は分かった。判断力も落ちるし、気だるさが付き纏う。
「部屋を移る時が、大変そうね」
「ああ、そうなんだ。ハッチ付近はヘリウムと混ざり合うんで、水素濃度下がる可能性があるんだ。ハッチで火花が飛べば、爆発の危険もある。だから、服も静電気が溜まらない材質のものを着る事になってる」
 ただでさえ、高圧下での重労働なのに、水素の危険を背負ってのストレスは、想像を絶するものがあるだろう。おまけに、実験期間の七十七%は、船上減圧室での加減圧に費やされる。
「船上減圧室は、S-2Rのしか見た事無いけど、あれはきつそうだ」
 狭い船上減圧室での生活が相当苦しいだろう事も、想像できた。
 海底住居は、潜水作業がある筈だ。本来は、体力を消耗する辛い仕事だが、狭い減圧室で同じ顔を一ヶ月も見ながら何もしないでいる事の方が、ストレスの発散ができず辛いだろう。
 タッカの知っているS-2Rの船上減圧室は、ストレスを増大しそうな住環境なのだ。
 S-2は、その目的別に、C(貨物)、P(旅客)、R(救難)の基本三タイプがある。その中でも、Rは船上減圧室と水中エレベータを備える世界で唯一の機体だ。現在、四機が運用されている。S-2Rの船上減圧室は、長さ約四メートル、内径二メートル弱で、最大六名が寝泊まりできる。ベッドは三段で高さも幅も五十センチくらいしかない。
「船上減圧室は、はっきり言って牢屋だな。だけど、仕方が無いんだ。水素用とヘリウム用の二基が必要なんだから。支援船の大きさは限られているから、一つ一つの減圧室を小さくするしかないんだ。でも、下は快適だぜ。内径で三メートルもあるし、長さも十五メートルと十二メートルの二基が平行に繋がってる。ベッドルームなんか個室だぜ。まあ戸は無いけど。ちょっとした海底のパラダイスさ」
 戸が無いのは、浸水時に水圧で戸が開かなくなる事を想定しての事だろう。
「鉄腕」
 ユカリが、しんみりした声で呼び掛けた。
「気を付けて行ってきてね」
「心配すんなって」
 鉄腕は、けろっとした顔で答えた。
 今回の実験が危険と隣り合わせである事は、鉄腕自身が誰よりも心得ている。その彼が、精一杯の演技で心配を掛けまいとしている事が、ひしひしと伝わってきた。
「例の事故を気にしてるなら、今回は問題がない。何せ、水深千メートルまで潜れる潜水艦は、ウルフ級か、アルファ級くらいのものだ」
 二年前、原潜がアクアシティのダイバーを巻き込み、一人が死亡、一人が脳障害の後遺症に悩まされる事故となった。
 この時は、訓練海域外の事故で、民間船を敵艦に見立てた魚雷発射訓練の最中だった。仮想標的にされた船は、アクアシティの魚類調査船で、ちょうどダイバーが回遊魚の生態調査中だった。回遊魚の退路を魚網で絶ち、一部の回遊魚から体液を採取する予定だった。その魚網を、原潜のスクリューが引っかけたのだ。
 アクアシティは海軍に対して猛烈に抗議したが、国防総省はこれを無視した上に、アクアシティの潜水船監視システムに対する査察を要求する事で、アクアシティに圧力を掛けた。
 アクアシティは、海洋開発全般を行っているため、アメリカとロシアと中国を除く各国の海軍より潜水船(艦)の保有数が多い。当然、これらの潜水船の位置は、アクアシティで総て把握している。
 国防総省は、このシステムを利用してアクアシティが総ての原潜の位置を正確に掴んでいる可能性があると、マスコミを通じて国民に伝えた。その情報が仮想敵国へ漏洩する危険性がある事を表向きの理由にしながら、裏ではこのシステムで他国の原潜の位置情報を入手しようと企んでいた。
 この企みを実行に移すため、システムの査察を行い、最終的には国防総省の管轄下に組み入れる事を画策していた。
「気を付けるに越した事はないわ。何が起こるか、誰にも見当が付かないもの」
 鉄腕は、真顔になって答えた。
「必ず、元気で戻ってくる。大丈夫だ」
 ユカリも、頷いた。
「俺からの提案だ。ちゃんと鉄腕が帰ってくるように、一ヶ月半後に、今日と同じ時間にここに集まろう」
「約束よ」
 ユカリは、切ない視線を鉄腕に送った。
「任せとけって」
 鉄腕は、分厚い胸板を、右手でドンと叩いた。
「で、準備は出来てんのか?」
 見詰め合う二人に、タッカは話題を変えて割り込んだ。
「ああ、本体を沈める前に、必要な物は総て持ち込んである。後は、下に行って開封するだけだ。今回の実験では使わないものも含めて五トンくらい入れたかな。本体が浮かばないようにバラスト代りに積むんだと、冗談を言ったくらいだ。例えば、……」
 鉄腕は、目録を思い出しながら、使いそうもない装備を次々に挙げた。
「そろそろ、待機勤務に行かなくちゃ」
 ユカリが、時計を見てそう言った。
 機長や副操縦士に欠員が出た場合に代りに乗務するため、パイロットには待機勤務が課せられる。彼女は、東部時間の朝六時から二十時まで待機しなければならない。
「機長としてかい?」
 彼女は、首を振った。
「まだよ。機長としては、来月からS-2Rで太平洋地区の勤務よ」
「来月ったって、来週からじゃん。そしたら、俺が潜ってる頃、俺の救助担当ってわけだ」
 ユカリが救助担当なら安心とばかりに、椅子に大きくもたれ掛かった。
「S-2Rじゃ無理よ。水中エレベータのワイヤーは、三百尋しかないのよ」
「俺は、その二百四十尋も下に居るってわけだ」
 そう言いながら、椅子にふんぞり返っている。ユカリなら何とかしてくれると、信頼しきった眼差しを彼女に送っている。
「分かったわ。足りない分はロープを積んでおくから、ロープを登ってきてね」
「よし。その時には俺の腕力を見せてやるぜ」
 そう言うと、ニックネームの「鉄腕」の由来にもなった筋肉隆々の腕に、立派な力瘤を作った。
 三人で大いに笑い、壮行会はお開きになった。
 鉄腕は、どうせ暇だからと、彼女を見送りに行った。
 タッカは、一週間の勤務が終わったばかりで疲れが溜まっていたので、自宅に戻ると言って、二人に別れを告げた。彼は、二人に気を使っていた。
 二人は、元気に手を振ると、空港に戻っていった。

       < 次章へ >              < 目次へ > 

↑このページのトップヘ