水中エレベータ

 一瞬の無重力感で、S-2Rから切り離された事が分かった。次の瞬間、海面に叩き付けられ、狭い水中エレベータの中で十本のボンベと一緒にシェークされた。
 ボンベの上に寝そべっていたので、ボンベの上に腹から飛び降りたようになった。ボンベの左右の脇腹、鳩尾に食い込み、息が詰まった。頭もしたたか打ち付け、目から火花が飛んだ。ボンベ同士もぶつかり合って、水素ガスだらけの中で火花も飛んだ。だが、爆発はしなかった。
 外も賑やかだった。
 水中エレベータの懸架装置ごと切り離したせいで、水中エレベータの上にそれが圧し掛かるように激突した。
 S-2Rは、航空機だから、限界まで強度を落として軽量化を図っている。だから、水中エレベータは、機体には大きな負担となっている。万が一、水中エレベータに異常が発生した場合、機体にまで影響が及んでしまう。それを防ぐために、水中エレベータを懸架装置ごと切り離す事ができる。逆に、機体側に異常が発生した場合も考慮し、水中エレベータ側でも切り離しができる。ただ、切り離す場所が違う。
 水中エレベータは、釣り下げている側、この場合にはS-2Rの波浪による揺れでケーブルに大きな力が掛かって切断する事を防ぐために、必ず懸架装置が付属する。水中エレベータを切り離す場合、懸架装置から伸びているケーブルも切り離さなければ下部ハッチが閉められない。このため、S-2R側で切り離す場合、懸架装置毎、切り離してしまう。
 逆に、水中エレベータ側で切り離す場合、懸架装置分の余剰浮力を持っていないので、水中エレベータのケーブルスタンド部分で切り離す。
 当初の予定では、水中エレベータを降ろして水中エレベータ側で切り離す予定だった。だが、銃撃を受けた事で、一々水中エレベータを降ろす暇はなくなった。だから、ユカリは、機体側で切り離す大胆な手段を選んだ。
 タッカは、体の痛んでいる所をチェックした。
 心配は無さそうだ。
 そう思っていると、水中エレベータは一気にひっくり返った。懸架装置が水中エレベータより先に沈降し、水中エレベータを引き摺っているのだ。傾くに連れ、一旦は落ち着きを取り戻していたボンベが暴れ始めた。水中エレベータが一気にひっくり返る瞬間、天地が逆になり、体の上にボンベが降ってきた。
 慌てて、水中エレベータ切り離しスイッチをまさぐったが、その腕の上にも容赦無くボンベが降った。
「うっ!!」
 思わずうめきが漏れた。ボンベがぶつかったのが腕だったのに、激しい痛みで息が詰まった。ボンベに押しつぶされながら、ひたすら息を続ける事だけを考えた。
 懸架装置を切り離せば、今度は、水中エレベータが起き上がりこぶしのように、また回転する。その時にも、ボンベが宙を舞うだろう。その時の衝撃を抑えるためには、ボンベの下敷きになったままがいい。もう一度、切り離しスイッチに手を伸ばした。途端に、激痛が走り息が詰まった。
 骨が折れた?!
 痛む右手を引き寄せ、外から触ってみた。ゆっくりと閉じたり開いたりしてみたが、かなり痛みはすれど特に問題はない。ただ、握力が無くなった事と痺れたみたいになっていて、速く動かすのはできない。
 左手に変え、ボンベの隙間から手を伸ばした。ボンベは絡み合うように行き先を阻んだが、何とかカバーを開くと、スイッチを捻って押し込んだ。
 ゴンと音がして、ゆっくりと回転が始まった。懸架装置が切り離されたのだ。
 回転を助けるようにボンベの位置を直しつつ、内部の整理をした。落ち着いたところで、水圧計を見た。
「百二十メートル」
 予定より早い。時計の秒針を睨んで、分速の沈降率を求めた。
「分速九メートルか。下まで二百八分。この間に五十気圧上げるから、毎分0.25気圧ずつ上げていけばOKだ」
 独り言は、狭い水中エレベータ内で反響した。
 本来は、四十時間以上も掛けて加圧する。目安になる加圧速度は、毎分0.1気圧である。既に、五十気圧まで加圧してあるので、残りの五十気圧分、即ち八時間二十分掛けて加圧すべき所を2.5倍の猛スピードで加圧する不安はあった。S-2R内でも、六時間の飛行時間内で五十気圧まで加圧した。その影響も、体のどこかに出てくる可能性もある。だが、時間との闘いだ。
 早速、水中エレベータの外部ボンベから、水素ガスをエレベータ内に導いた。耳の奥が、痛くなる。直ぐに耳抜きをするが、またツーンとなる。だから、また抜く。数秒毎に繰り返す。これが三時間続くと思うと、うんざりする。
 0.25の気圧差は、三千メートルの高山から地上に降りるのに匹敵する。パイロットとして、四万フィートからの一万四千フィートへの緊急降下はシミュレータで何度も経験している。だが、シミュレータでは気圧は一定で、本物と同じなのは急減圧時の大きな音だけだ。0.6気圧の急減圧だけなら、減圧室で二度だけ経験している。ただ、今までに経験した事が無い急加圧である。
「クストーは、百三十時間でここに来るそうよ」
 切り離す直前に彼女が言った言葉が、耳に残っている。
 六日余りで来るとは、クストーの乗組員が徹夜で頑張った事がわかる。それでも、間に合いそうにない。ただ、俺に無理をさせないために、ほんの僅かだがクストーによる救出の可能性も残っている事を伝えてくれたのだろう。
 水圧計と時計を見比べる。
 降下率がかなり早くなっている。この五分間の降下は、七十一メートルにもなっている。最初の一分で九メートルだから、その後の四分で六十二メートルも降下した事になる。毎分十五メートル以上だ。このペースなら、一時間で下に着く。だが、気圧は五十一気圧になっていない。当初の予定より遅い。
 この水中エレベータは、内圧超過では五十気圧に耐えられる。だが、外圧超過では三十気圧が限度になる。もちろん、安全係数を考慮してあるので、この圧力のまま下まで行っても圧壊する事はないだろうが、危険である事には違いない。
 タッカは、バルブを更に開き、水素ガスを増やした。
 時々、軋み音が聞こえてくる。急激に替わる水圧で、エレベータの色々な場所が少しずつ縮み始めている。その時、中空になっている居住球部分やタンクは、他より早く縮む。その差が歪みとなる。時々、歪みが滑って元に戻り、音となって伝わってくる。
 分かっていても、気持ちのいいものではない。
 エレベータの内壁に触れてみた。まだ、少し濡れているだけだ。
 海水温は、もう三度か四度くらいだろう。外壁が冷たい海水に冷やされれば、熱伝導率の高いチタン製のエレベータは、直ぐに冷やされる。替わりに、吹き出し口から水滴が滴り落ちていた。吹き出し口には加熱装置があるが、追いつかないようだ。加熱装置の出力を上げた。
 また、水圧計と時計を見た。やはり、分速十五、六メートルだ。気圧計を見たが、この一分は0.26気圧上昇し、五十一気圧を越えた。
 ユカリは、この空域を無事に脱出しただろうか。かなり無理をして着水したようだが、上手く離水できたのだろうか。彼女の腕前は一流だ。しかし、攻撃を受けている状況で、兵装が無く防弾にも無縁な飛行艇で、無事に逃げ切ったかどうか。
 ユカリも、大きな危険を冒して俺を落としていった。彼女にとって、危険を冒す価値が、この愚行とも言える救出作戦にあるのだろうか。やはり、鉄腕の存在が大きいのか。

       < 次章へ >              < 目次へ >