エピローグ

「一ヶ月ぶりね。こんなふうに会うのは」
 彼女の声が、空港の喫茶店に心地よく響く。
「そうだな」
 早朝の喫茶店は、前回と同様、数人のビジネスマンが、朝食を口に運びながら、パソコンを睨んでいた。
 ガラス窓の向こうには、南国の海に特有の水色をしたメキシコ湾が、朝日を反射している。
 一ヶ月半の時間が、巻き戻されたように気がした。
 一ヶ月半前と一つだけ違っていた事は、ここにくる途中で偶然出会ったオコーナーが、親しげにタッカの肩を叩いて行った事だ。
「一昨日は、クストーの会議室で、ちょこっと顔を見ただけだったもんな」と鉄腕が言う。
「そうよ。だから、一月半前にここで会って以来よ」
 店内に、煌きが擦り抜けた。外を見ると、S-2Cの垂直尾翼が、朝日を反射していた。これから、どこかの海上まで、貨物を届けるのだろう。
「それはそうと、タッカよ、お前、記者会見をすっぽかしただろ」
 クストーで開かれた記者会見を、ユカリと二人で抜け出した事を思い出した。
「いいじゃないか。ああいうのは、苦手なんだ。それに、救出されたのは、六名だぞ。俺が居たんじゃ、数が合わないだろう」
 タッカが嘯くと、鉄腕は笑った。
「俺が言いたいのは、このメンバーで、記者会見の経験が無いのは、お前だけだって事さ。ユカリは、潜水艦の位置の公開で記者会見しただろ。俺は、潜る前にも簡単な記者会見をしてたし、今回も記者会見に引っ張り出されたけど、お前は記者会見の経験が無かっただろう。折角のチャンスだったのに、それをフイにしてしまったんだよ」
 タッカは、意味も無く、悔しさが込み上げてきた。
 確かに、鉄腕も、ユカリも、記者会見を受けた事がある。
 タッカにとってみれば、今回が一番記者会見に近付いていたのに、それに出なかったから、当分、いや、永久に記者会見のチャンスを失ったのかもしれない。
 たかが記者会見だが、無性に悔しかった。
「タッカ、いい事教えてやろうか」
「何だい?」
「もう一度、事故に遭ってやるから、もう一度、水深千メートルまで助けに来いよ。記者会見間違い無しだぞ」
 タッカは、大笑いした。
「やなこった」
 鉄腕も、ユカリも、声を上げて笑った。
「鉄腕は、俺には、空の方が似合ってると思わないのか」
「海底の方が、似合ってるぞ」
 鉄腕は、そんな事を言ったが、海底は懲り懲りだった。あんなヤバイ救出劇は、二度とするものか。
 でも、誰も亡くならず、負傷者も最小限で済んだ。敵である乗っ取り犯も、彼女が足刀で倒した男以外に、誰も怪我をしなかった筈だ。それは、幸運だったし、彼女が強く願っていた事だった。
「それはそうと、タッカは、鉄腕に報告する事があるんじゃないの」
 何の事だか勘は働いたが、タッカは、知らん振りをした。
 ユカリは、鉄腕を手招きして、頭を突き合わせた。そして、小さな声で囁いた。
「タッカがさ、半年後の機長昇格試験を受ける事になったのよ」
 鉄腕は、何か悪巧みを思い付いたように、にやっとした。
「おめでとう!」
 態とらしく手を出し、握手を求めてきた。
「まだ、めでたくないさ。試験に合格しなきゃ」
 と言いながら、握り返した。
「まあ、いいじゃないか。さぁ、前祝いといこうぜ」
「そうね。いいわね」
「じゃあ決まりだ。おっと、タッカは、救難活動の特別表彰で、報奨金を貰ったんだろ。おごれよ」
 鉄腕は、握った手に力を込めた。握力計を振り切ってしまう彼の手が、タッカの手を締め上げる。握力八十キロ以上のタッカでも、鉄腕には歯が立たない。
 さっき見せた顔は、報奨金と前祝いを結び付ける事を思い付いた笑顔だった。
「あぁぁ、それが目的だろう!」
 タッカは、笑いながら非難した。
 でも、「ばれたか」と舌を出したのは、彼女だった。
 鉄腕が前祝いと言うのを予想し、昇格試験を受ける事をバラしたに違いない。
「OKを言うまで、この手は離さないからな」
 鉄腕は、更に力を込めてきた。
「分かった。分かったから、手を離せ!」
 タッカがOKを出したの聞いて、鉄腕以上に、ユカリが小躍りして喜んだ。
 報奨金は、大した金額じゃなかった。見た目通りの鉄腕に、痩せの大食いのユカリ。大食漢の二人に奢れば、簡単に足が出てしまう額だ。
 でも、そんな小さな事は、どうでも良かった。
 また、三人で、大いに笑う事が出来た事が、今のタッカにとって、最高の幸せだった。

                < 目次へ >