津波

  - 1 -

 机の脇で、電話が鳴っている。
 隼人は、その事に気付いていたが、気にもしていなかった。そんな事より、宇宙移民事業団の管制センターのサーバーに侵入して処理させているプログラムの処理速度が、異様に早くなっている事が気になっていた。
 彼は、管制センターのサーバーを介して、管制センター内の総てのコンピュータに、宇宙大規模構造をシミュレーションするプログラムを侵入させ、コンピュータを使用していない時間帯を利用して実行をさせていた。このプログラムの優先度は最低に設定してあり、通常の業務を阻害する事がないようにしてあるので、当然、一つ一つのコンピュータでの処理は遅い。それが、今夜に限って、今までに例が無いほど、処理速度が高かった。
「まさか、最高優先度になってるんじゃ……」
 冗談交じりに呟いたが、急に不安になってきた。
「カツフミ、プログラムの優先度をスクリーンにレポートしろ」
 彼は、父の名前を付けた音声入出力インターフェイスに命じて、各コンピュータで処理しているプログラムの優先度を調べさせた。
 ディスプレィに新しいウィンドウが開き、次々に優先度を表示していった。隼人は、その表示を目で追った。見た目の優先度は最低レベルになっていたが、CPU処理時間が100%に近い値になっていた。
(おかしい!)
「カツフミ、総ての処理を中止しろ」
 彼は、管制センターのサーバーを通じて、各コンピュータで実行していたシミュレーションの処理を途中で止めた。
『シミュレーションを総て中止しました』
 カツフミは、平板な合成音声で、結果を報告した。
「最低優先度で計算終了分のデータを取り込め」
『最低優先度で計算終了分のデータ取り込みを開始します』
 宇宙大規模構造をシミュレートするために、大量のデータについて、膨大な計算を繰り返す必要があった。そのデータ量と計算量は、パソコンで実行するには、容量的にも性能的にも不可能だった。隼人は、シミュレーション自体は、管制センター内の数千台はあると思われるパソコンに分散して行う事を思い付いた。
 隼人のIDは、宇宙移民事業団の管制センターのサーバーのアクセス権を有していた。
 中学一年の夏休みに、事業団主催のコンピュータプログラムコンテストで最優秀賞を貰った際の御褒美として、指定された時間帯だけの条件付きながら、管制センターのサーバーのアクセス権を貰った。このIDは、管制センターの公開情報や一部の非公開情報へのアクセス権を与えていた。もちろん、非公開情報といっても、内容が専門的なために一般への公開が意味を成さないということで非公開と言っているだけで、関係する大学や研究機関には公開している情報だった。
 隼人には自慢のIDだが、同級生は、やっかみ半分で「オタクのID」と言い、隼人を馬鹿にした。それに反発を感じた隼人は、指定時間外も使えるように、不正にIDレベルを書き換え、興味を持ち始めた宇宙大規模構造のシミュレーションに使うようになっていた。
 今は、指定の時間帯から外れている。なぜか最低優先度で実行している彼のプログラムが、管制センター内の総てのコンピュータで、最大のCPU使用時間を消費していた。こんなにCPUが使用できたことは、過去には無かった。大きな問題になる前に、管制センターの総てのコンピュータから、データを取り込んでおきたかった。
 隼人は、カツフミが結果を報告するのを待ちながら、窓の外を見詰めた。
 鹿児島県大隈半島にある宇宙移民事業団の官舎の窓から、西の空に夏の夕日の残光が消え去るのを見てから、既に二時間が過ぎていた。反対の東側からは、事業団の管制センターが見えるのだが、隼人は、遅い時間まで明るい西向きの方が好きで、父に頼んで西向きの部屋を自室にしてもらった。
 その父は、まだ帰ってこない。
 父と離婚し、姉を連れて沖縄の実家に戻った母が恋しくなるのは、夕食を一人で食べる時だ。今晩も、中学校から帰ると、一人で準備し、一人で摂った。食卓には、冷たくなった父の分だけが残っている。
 管制センター長を務める父は、ちょうど資源採取用小惑星を地球軌道に投入するところで、昨晩は管制センターに泊り込んでいた。小惑星は、今夜中に地球周回軌道に投入されるので、明日の夕飯から一緒に食べられそうだと、電話の父は言っていた。だが、管制センターで何かが起こっているらしく、今日も帰りが遅い。
 まさか、管制センターのコンピュータに異常が発生し、父の帰りが遅くなっているのだろうか。
『取り込みが終了しました』
「カツフミ、接続情報消去プログラムを実行しろ」
 今回のような事を想定した訳ではないが、予め、接続情報を消して追跡を逃れるツールを用意してあった。
『接続情報消去プログラムを実行します。……接続情報消去プログラムは終了しました』
 ふうっと、溜息が漏れた。
 これで、犯人が誰か、掴む事はできないだろうと思うと、ほっとした。
「カツフミ、接続を切れ」
『接続を切断しました』 
 カツフミは、間髪を入れずに処理結果を報告した。
 隼人は、休む事無く鳴り続けている電話を取った。表示を見ると、管制センターからだった。父だろうと思い、電話に出た。
「はい、隼人です」
 父は、電話を掛けながら、同時に、何かの仕事をしているらしく、電話口の向こうで周囲の者に次々と命じていたが、その声は、やおら隼人に向けられた。
「着替えをまとめて、急いで発射管制センターまで来い!」
 枉ごう事無き、父の声だった。が、父にしては珍しく、頭ごなしに用件を言った。
 日頃は、物静かで、いかにもエリート技術者の雰囲気を湛える父だが、慌てているのが声だけでも良く分かった。今までに、一度も感じた事が無い父の狼狽ぶりに、ただならぬ状況を感じた。
 父は、管制センターから電話をしているようだった。電話の向こうから、怒声が飛び交うのが聞こえてくる。管制センター全体が、騒然としているようだった。
(シミュレーションを最高優先度で走らせた事が、管制センターの混乱の原因なのだろうか?)
 隼人は、恐る恐る聞いてみた。
「お父さん、どうかしたの?」
 父の返事を、隼人は、生唾を飲み込んで待った。
父は、何も言わず、一方的に電話を切ってしまった。
 電話が切られると、一気に静粛が戻ってきた。
 常温ジョセフソン素子を使うパソコンは、消費電力が少ないので冷却ファンを時代遅れにした。大容量の外部記憶も半導体化されたため、静粛を阻害するような騒音は、一切出さなかった。
 その静粛さが、隼人の背筋に冷たいものを走らせ、根拠の無い不安を感じさせた。
 気を取り直すと、隼人は、自作のパソコンの片付けを始めた。
 彼のパソコンは、持ち運びを容易にするため、アタッシュケースに組み込んであった。
 ディスプレィは、アタッシュケースの裏ブタに。アタッシュケース本体奥にキーボード。キーボード下の大部分をメモリが占め、残った隙間に、電源装置とバッテリーやケーブル類の小物入れが肩身も狭く納まっている。
 宇宙大規模構造のシミュレーションは、結果を保存するだけでも、常識を超えた大容量メモリが必要だったが、市販のパソコンには隼人を満足させる機種が無かった。それが、隼人をパソコンの自作に踏み切らせた唯一の理由だった。
 一見すると、前時代的なパソコンだが、隼人の要求を満足するメモリ容量を確保しようとすると、時代錯誤の形態にならざるを得なかったのだ。
 パソコンの旅行準備ができたところで、着替えを用意しようとウォークイン・クローゼットに入ったが、一体、何日分の着替えを用意したら良いのか、父から聞いていなかった事を思い出した。直ぐに、父の携帯電話に掛け直してみたが、延々と呼び出し音が続くだけで、一向に電話に出る気配がなかった。
(飛鳥への見学が、急に許可されたのかな?)
 高度千六百八十四キロメートルに浮かぶ軌道ステーションの飛鳥には、以前から見学の希望を出していた。飛鳥は、その内部に無重力研究設備を持ち、老朽化が進んでいるとは言え、今も多くの研究者が長期に滞在して研究を続けている。国際スペースコロニーへの中継基地も兼ねるので、スペースコロニーに行く際に、経由地として通過した事は何度かあるが、研究施設の見学は一度もできなかった。
(まさか?!)
 父の電話の雰囲気からは、とても、そんな呑気な雰囲気ではない気がしたが、もしかしたら、小惑星の軌道固定の作業と重なって、いつにない話し振りになっただけなのかもしれない。
(飛鳥の見学なら、三泊分もあれば充分だ)
 飛鳥への旅行なら、父も一緒に行くはずだ。隼人は、二人分の着替えを手早く鞄に詰め込んだ。
 父が母と離婚してからも、多忙な父が家事をする事は少なかった。仕方なく、隼人が家事を受け持つ事になった。そのお陰で、料理の腕も上がった。旅行の支度なんか、訳もない。着替えだけでなく、何がどこに仕舞ってあるのか、総て把握していた。
 隼人は、留守番コンピュータに三日間の旅行をセットし、戸締まりと火の始末を命じた。そして、旅行鞄を肩に担ぎ、重いアタッシュケースを手に持ち、官舎の外に出た。

       < 次章へ >              < 目次へ >