- 3 -

 翌日、三人は、昨日と同じ様に登校した。
 昨日は、あれほど多くの学生が、大地に向かって挨拶していたのに、今日は、誰も挨拶してくれなかった。大地が声を掛けても、誰もが無視を決め込んだ。声を掛けた相手は、大地の顔を確認し、刺すような視線を返してくる。その視線は、大地よりも隼人に向けられているような気がした。
 教室に入ると、疎外感は、一層強まった。
 誰一人として、三人に声を掛けるものは居なかった。あれほど、信望の厚かった筈の大地にさえ、声を掛けようとしなかった。大地は、我慢ならないのか、一人の男子生徒に近寄った。
「理由は、見当が付いている。だけど、俺達に敵意を向けるのは、お門違いだ」
 攻撃的な大地の態度に、一瞬、その生徒は怯んだ。しかし、彼の回りに人が集まり始めると、強気になった。
「あいつの父親のせいで、みんなが犠牲になったんだ。姉さんは、最初の子供を宿してたんだ。初めての子供だったから、姉さんも、親父やお袋も、すっごく期待してたんだ。今月には、ここへ戻ってきて、出産する予定だったんだ。お袋なんか、うきうきしてベビー用品を買い揃えてたんだ。だけど、あいつの父親のせいで、姉さんは、地上で凍え死んだ。それ以来、お袋は半狂乱さ」
 隼人は、何も言い返せなかった。
 父が、資源用小惑星の軌道変更の全責任を負う立場にいた事は、間違いのない事実だった。資源用小惑星が墜落した原因は兎も角、現実に、小惑星の軌道変更を行い、それに失敗して墜落させてしまったのだ。
 弁解の余地は、どこにもなかった。
 隼人は、大地の服の裾を引っ張った。
「いいんだ。事実なんだから」
「違う。違うんだ。隼人君、事実じゃない! 俺達は、何もしていないし、何の責任も無い。僕達は、それぞれ、独立した人間なんだ。親が犯罪を犯しても、俺達がそれを背負う責任はないし、逆に、俺達が犯罪を犯しても、親はその責任を負わない。良い例が、少年法だ。
 少年の更正と社会復帰、将来を考慮して、少年保護の立場が少年法の基本スタンスだ。だから、少年は、成人のような責任は問われない。でも、保護監督責任がある保護者にも、刑事責任を問われない。保護監督責任があっても、別個の人間として、法律は運用されるんだ。
 少年法でさえ、そうなんだ。だから、親の責任を僕達が負う必要は、一切ないんだ」
 大地の説得で、教室のざわめきと殺気が、少し納まりかけた。今回も、大地の力で、この場を納める事ができそうに思えた。だが、それは、隼人の希望的な観測に過ぎなかったのかもしれない。
「そんな七面倒くさい理屈なんか、俺には関係無い! 俺は、お前らが大嫌いなんだ。それだけだ」
 論理的に大地が説明しても、誰も耳を貸さなかった。それほど、みんなが、そして民衆が、小惑星墜落事故に対して、感情的になっていたのだ。
 感情的になり、集団ヒステリー状態にあった。
 普通なら、彼のような感情的な言い方をすれば、周囲の嫌悪を誘い、集団から徐々に締め出されていくものだ。だが、全員が似たような状況にあり、やり場のない怒りに満ちていた。だから、彼の感情の発露は、それこそが、全員の感情であり、代弁であった。だから、全員の心の裏での示し合わせを産み出し、賛同を得てしまった。
「大地は、隼人のどこが、そんなに気に入ったんだ。こんな奴のどこがいいんだ?」
 彼は、隼人の脇に立ち、突き付けるように指差した。
「僕は、今まで、誰も特別扱いした事はない。隼人君も、例外じゃない」
「それなら、大地の親父が、宇宙移民事業団の職員だからだな」
「親が関係無い事は、さっきも言っただろう」
 大地は、勢い良く立ち上がった。反動で、彼の椅子は引っくり返った。
「大地は、親父を庇ってるんだろう。そのためには、宇宙移民事業団に問題があるのは、矛盾が出てしまうから、事業団の問題を隠そうとしてるんじゃないか。そのためには、隼人の親父も庇わざるをえない。そうに決まっている」
「僕は、一度も、父や隼人君のお父さんの事を言った事は……」
「ふざけるな! 問題を摩り替えるな!」
 クラス中の生徒が、三人を取り囲んだ。
「大地君、私、あなたを見損なったわ。お父さんの事を正当化するために、隼人君を庇うなんて、最低よ」
「問題を摩り替えているのは……」
 隼人が、割って入ろうとしたが、誰かが、大地を殴り倒した。大きな大地が、一瞬、よろめいた。
「大地君」
 宙美が、慌てて駆け寄った。
「大丈夫?」
 だが、肩を掴まれて押し退けられ、宙美は後退った。その様子を見た時の大地の目が、恐ろしいほどの形相に変わった。
「オイ、コラ! お前達、そこで何をしている!」
 担任の怒声が、教室中に響いた。
 生徒達は、どこから声がしたのかと、動きを止めて、辺りを見回した。その隙に、大地は、宙美を抱きかかえるようにして、みんなの輪から、一歩、抜け出した。隼人も、それに習った。
「早く、席に着きなさい。授業をはじめるぞぉ」
 担任の号令で、何事も無かったかのように、素直に従うクラスメートの姿に、隼人は不気味ささえ感じた。
(彼等の標的は、僕一人なんだ。大地を、それに巻き込んでしまった)
 クラスメートは、誰一人として、担任には全く逆らわず、ただ一つの標的に向かって、足並みを揃えた行動を取っている。何かが起こるだろうと、隼人は、確信めいた恐怖に慄いた。

       < 次章へ >              < 目次へ >